2010年01月05日

怠惰

寝つきは悪いのに、一端眠り始めると昏々と眠るという繰り返し。
特に雪が降った31日、1日は酷く、ベッドから起き出すのがやっとだが僅かな水分だけ摂取してうとうとと又ベッドへ戻る始末。
すっかり生活リズムは狂い、矯正に乗り出したのはやっと雪の影響が消えた4日だった。

憂月ちゃんとカラオケがしたい!とかねてから私が言っていたのを瑠綺唖が叶えてくれたのだ。
早起きをして、化粧をして、服を選ぶ。
くらくらした。
また”当たり前のこと”ができなくなりかけていた。
怖かった。
ランチとカラオケは楽しかった。

5日の今日、いつも起きる6:30に起きられた。
安堵して、ゆっくり時間をかけて化粧をし、服を選ぶ。
あおやから電話があったので少し遊ぶ。
クリニックに出向き、カウンセリングを受ける。
声に覇気はなかったけれど、私はクリニックにきちんといけただけで満足だった。
「会社が配慮をしてくれる間はそれに甘えなさい。それは悪いことではないから」
以前だったら頭で理解した津守でも、午前勤務に引け目を感じてしまっていた。
でも今そんな感情はない。
それだけでも進歩なのだ。

血液検査の結果も問題なかった。
貧血も治っていた。
耳鳴りと眩暈が自律神経の問題だということが分かっただけでもよしとする。


体調やメンタル面をコントロールすることは難しい。
私は低気圧が来るだけで体調を崩し、雨や雪になれば憂鬱になる。
それでも私は生きているから。
生きているから。

心のどこかから声がする。
「死んでしまえば楽になるよ。この世界は生きるにはつらいことがおおすぎる」
否定はしない。
死にたいという気持ちを抱えながらそれでも生きる。
ゆらりふわり、生と死の狭間は曖昧だ。
生きることに未練はない。
それでもここに生きているなら。

何か、この命に意味がありますように。
誰かが私を必要としてくれたなら、それが私の生きる糧。



ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害




posted by 氷迫 律 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

休職から復職へ

休職から復職までの流れをざっと。
復職に不安を抱える方へ少しでも役に立てば。

ちなみに入社から休職、復職までの流れ

ちなみにリワークに通っていたときの病名は「うつ」と「パーソナリティ障害」でした(現在も治療中)。

2007年4月入社
すぐにクリニックに通いだす。
うつの診断をされ、何度か入院を勧められるも断る。
自傷、瀉血、OD、自殺未遂を繰り返す。
血圧が下30までいきなり下がって倒れたり、体調もよくなかった。

2008年5月
眩暈、耳鳴りが酷くなる。
会社に行く時間になると発熱、腹痛が起きるようになる。
自律神経失調症が酷くなり、PCの前で身体が硬直するというほどボロボロの状態なのを人事が発見。
速攻親を呼ばれ休職するようにと強く勧められる。
その日に休職が受理され、自宅療養に。
自宅療養中も自傷、瀉血、OD、自殺未遂はなくならなかった。

2008年10月
ある程度落ち着いてきたので復職許可が出る。
復職するも、午前中に酷い眠気、眩暈、無力感が起きる。
リハビリ出勤中からかなり辛く、フルタイム勤務になってからもちょくちょく休む。
休職中のブランクを埋めようと必至になり、自分のやりたいレベルと現実に出来るレベルの解離に苦しむ。

2009年3月
過呼吸で倒れる。
二度目の休職ということでかなりダメージが大きかった。
主治医に「リワークに通ってみてはどうか」と打診される。

2009年4月
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構の説明会に人事と参加。
プログラムに参加することになる。
会社がリワークに行かせるのは私が最初だったが、主治医がリワークを経て安定して復職している人が多いですよ、と説明して参加決定。
週に1度のペースでリワーク側の担当者のカウンセリング受ける。
週3〜4のペースでジムに通い始める。
大好きだったお酒をやめる。

2009年6月
ジムに通いだして二ヶ月で7キロ痩せる。入社当初の体重に戻る。
体力が付き、血流がよくなったおかげで以前より薬が効くようになる。
リワークの体験利用が始まる。
雰囲気に馴染めず、途中で一端ストップする。
主治医に対しての見捨てられ不安が出て、色々揉める。
主治医と信頼関係を再構築して、もう一度リワークに通い始める。

2009年9月
リワークの本支援に入る。
10〜15時まで。
雰囲気には馴染めないので通所者と距離を置いて過ごす。
本支援のプレッシャーで拒食になる(アシスタント曰く大抵の人が本支援に入ると体調や精神状態のバランスが崩れるらしい)。
認知療法に興味を持つが、アサーショントレーニング(ロールプレイング形式でやる)には馴染めず参加を見合わせる。

2009年10月
グループミーティング(テーマを決めた話し合い)やレクリエーションに参加するようになる。
睡眠時間の8時間確保を目指す(ちなみに私が家族と決めた起床時間は平日が6:30、休日が8:30)。

2009年11月
週4〜5で9〜17時に時間延長してリワークに通う。
睡眠時間の確保と共に、仮眠ばかりしていた午前中の眠気やだるさが改善され、午前から作業できるようになる。
通所者とも喋れるようになる。
アサーションの本がストンと自分の中に落ちてきたので、リワークの蔵書分を読み漁る。
人事との面談で「変わりましたね」と言われる。
11月で本支援終了だが、復職直前までフォローアップという形でいつも通り通う。
復職許可の診断書を貰う。

2009年12月
直前まで復職先が決まらずドタバタ。
結局主治医が提示した復職予定の週に元の部署へ戻るのが決定し、最終的な面談をする。
17日より復職。
リハビリ出勤で午前のみの勤務。


独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構(リワーク)がしてくれること。

週1のペースでカウンセリング(2ヶ月間)
カウンセリングにはMSFASが利用される。
病気に関する情報収集、ストレス対処法、相談できる相手はいるかなどが聞かれる。
他には一日の生活状況を書く「生活記録表」を毎日書き、睡眠時間、疲労度と気分のチェックを行い、生活サイクル改善する(決まった時間に起きて決まった時間に寝る、運動をするなど)。
全員ではないかもしれないが、私は適職検査をされた。これは適職を調べるためと言うより、現在どの程度集中力があるかを調べるためのよう。
検査結果はグラフになり、病歴が長い人や高齢の人は平均よりも結果が低くでがち。
私は言語分野ほぼパーフェクト、空間把握や計算が平均ギリギリくらいというかなり偏った結果が出た。
集中力や作業能力に問題はなかった。

1〜2ヶ月のリワーク体験利用
担当アシスタントが決まる。
週1くらいから始まる。
朝はアシスタントによる睡眠、疲労度、気分のチェックから始まり、筋弛緩トレーニング、ストレッチが行われる。
疲労度と気分のチェックは午前終了時、午後終了時にも行われる。
午後の最初も筋弛緩トレーニングから。

OA課題(文書入力、検索修正などPCを使った作業)と事務課題(物品請求書作成、ラベル作成など紙ベースの作業)がある。
簡易版を経て各課題LV1〜LV5まで行う。
他には、「認知療法」、「アサーション」、「講話(病気や薬について、再発防止策など)」、「グループミーティング(テーマを決めた話し合い)」、「茶話会(フリートーク)」、「レクリエーション(人生ゲームやトランプ、ウノやオセロをやる)」がある。
この体験利用で、本支援で何が課題か、何をできるようになればいいのかなどを決める(ちなみにその文書の作成は担当カウンセラーがやってくれるので、草案は箇条書きで提出すればOK)。

本支援
大抵3ヶ月のプログラムが組まれるが、事情によっては2ヶ月になったり延長することもある。
カウンセラーが作った本支援のプログラムに、本人、会社、主治医が署名して開始。
週3日程度から始まり、最終的には週5日、9〜17時という会社とほぼ変わらない時間をリワークで過ごせることを目指す。
本支援に入るとメモリーノートという生活記録表よりも細かく拾う度や気分を各ノートが渡される。
2週間に一度、会社に気分や睡眠、きづいたことなどの報告書を書く(これも雛形が在るのでそれに添って入力するだけ)。希望した場合、主治医にも同じものが送付される。
その日にやることは自分で選択すればよい。
いきなり課題をやるより、最初は読書や脳トレ(これも配布される)をしていたほうがストレスが少ないかもしれない。
途中で会社に中間報告をすることがある(希望すればアシスタントやカウンセラーが会社に同行してくれる)。
リワーク終盤に、最終報告を会社にする。これは発病の経緯、リワークで学んだこと、再発防止策、会社に配慮して欲しいことなどをまとめる。人にもよるが、A4の紙に1〜3枚程度。
通院すると、「受診確認」といって、担当アシスタントに主治医やカウンセラーとどんな話しをしたか、薬は変わったかなどを報告する。
悩み事は小さなうちにアシスタントやカウンセラーを捕まえて話しておくと良い。

フォローアップ
リワークを終了し、復職した後もフォローアップが受けられる。
週に一度の面談や、電話やメールでの相談が出来る。大体復職後2ヶ月くらい受けられる。



◆認知療法…認知の歪みをコラム表に順序だてて書くことによって別の考え方ができるようになるといいね、と言うもの。ちなみにプラス思考になればいいと言うものではなく、あくまでも調和の取れた考え方が出来るようになることを目指す。
日本認知療法学会に詳しい。
リワークでは講師が招かれ、3回で1セット。3〜4人のグループになって行う。コラム表(出来事、行動、自動思考、反証、合理的思考などに分かれた表)を埋めつつ、適宜グループ内でのシェアリングが行われる。
個人的な感想としては、シェアリングでのアドバイスで楽になることがあった。
ちなみに数回やっただけでは認知は変わりません(笑)これは続けることが大事。

◆アサーション…自分の権利も他人の権利も尊重した気持ちの伝え方を学ぶ。平木典子女史の著作に詳しいので興味のある方は是非。
リワークでは、ロールプレイング形式を取る。発表者がシチュエーションや何を伝えた以下などを説明し、参加者からそのシチュエーションに応じた相手役を指名する(上司役など)。最初発表者が考えた伝え方をやり、参加者から意見を聞く(意見は肯定的なものでなければいけない)、その後よりアサーティブな伝え方を講師と共に学ぶ。
個人的な感想としては、ロールプレイングが茶番劇にしか見えずなじまなかった。本の方が内容が入ってきたので主に本でアサーションは学んだ。

◆グループミーティング、茶話会、レクリエーション…病気になると人と話さなくなったり、話としても気心の知れた人とだけだったりとコミュニケーション能力が落ちるので、それを底上げしましょう、と言う目的。
テーマがあろうとなかろうと基本的には明るい話題が好ましい。
不幸自慢や病気自慢、会社への恨みを延々語りたがるひともいるので要注意。


復職時期について
リワークと主治医がタッグを組んでなるべく良い時期に帰るのが理想。
まず、リハビリ出勤が望ましい。
いきなり週5日ではなく、最初は週の後半から、暫くは水曜日など中日に休みを取っての出勤が良い。
繁忙期に戻らない。
焦らない。
薬を飲み続け、定期的に通院を続ける。
会社によってリハビリ出勤を認めているところとないところがあるので会社とも相談が必要。

だいたいこんな感じでしょうか。






ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害









posted by 氷迫 律 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

おにゃのこ好きー

いや、百合宣言ではないんだがwww

しかし高校も進学クラス(1クラス中男子9人)で、大学は男女比1:9(女ばっか)で育ってきた律。
会社に入ったら男女比が逆になって9:1。なんか女子っていうだけでちやほやされるというのをリアルで体験したんだが。

買い物などお出かけのときは当然のように手を繋ぐ(しかも恋人つなぎ)。
手を繋がないときは腕を組むor服の裾を持ってる。
これがデフォルトだったので別におかしくないとおもっていたのですが。
あおやに「うん、最初びっくりしたけど律はこれがデフォなんだなって思って(諦めた雰囲気)」と言われた。
ちなみにあおや(あおやと律は私がヒールの高い靴を履くせいもあるのだが頭一つ分近く身長差がある)と名古屋で手を繋ぎながら歩いてたら歩いてくるカップルにガン見されたことあったな。

でも、おにゃのこ同士できゃっきゃうふふだからまだいいと思うんだ。

男子二人が恋人つなぎしてたらガチだぜ…?


おにゃのこに生まれて良かったと思った瞬間でした。
posted by 氷迫 律 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

御用納め!

12/17に復職して今日で7日目!

無事、年内の仕事を終えることが出来ました。

午前勤務とはいえ、リワークから会社へというのはかなりハードルが高くて不安でしたが乗り切ることが出来ました。

正直復職して2日くらいは職場の雰囲気になれるのが精一杯で、仕事らしい仕事も手につかない状態だったのですが、徐々に慣れてきました。
同時並行で仕事を覚えて、仕事をするのではなくて、一つの仕事を覚えて、実際やってみて、終わったら次の仕事を教わる、という一つ一つの区切りが明確で集中できたのが良かったのかと。
復職したからといって普通に勤務している人と同じだけのパフォーマンスを求められても無理なので。
ゆるやかなペース配分をしてくれている上司&同僚にも感謝。

気にかけてくださった方々、遊んでくださった方々にとても感謝しています。

この連休に生活リズムが狂わない様注意しなくては・・・と思っています。

年末復職or年始復職の方もいらっしゃるかと思いますが、繁忙期の周囲のペースに巻き込まれず、自分の安定を常に一番に考えてくださいね。

復職直後は仕事で成果を挙げることなど求められていません。
とにかく勤務し続けること。
後は目の前のものを一つ一つ片付けていけばよいと思います。

開き直りは大切ですよ!
プライドは己の芯に持っておけばよいのであって、周囲に振りかざす必要はありません。

私は一度目の復職で「早く仕事を覚えなきゃ、早く役に立てるようにならなきゃ」と思いつめて二度目の休職に至りましたので。
今は「教えられたことを徐々にやれればよし、無理はしない」と言い聞かせています。





ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害





posted by 氷迫 律 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

一足早いクリスマス

今日は一日ベッドで読書してました。
監査役に「氷迫さんは頭使う分に対して身体使う量が少なすぎるからオーバーヒートするんだよ。運動をしなさい」と言われたばかりだったのに貴重な休みを読書のみで過ごす私。
精神的な回復は読書に限るよ…。
前監査役に何かとお世話になった関係で、今の監査役やら常務やらに目をかけていただけてありがたい限りです。

昨日はあおやとショッピングモールでお買い物!
クリスマスプレゼント交換しようぜーという話になったのですが
あ「律は何が欲しい?」
律「ピアス!あおやは?」
あ「(超笑顔で)デジカメ!」
とりあえずどついといた。

結局、私はあおやに茶がベースでフリルが2段付いたチェックスカートを、あおやからは黒とクリアのスワロフスキーがチェスボードのように並んだ(石は計4つなので四角い)ピアスをもらいました。
大きめなのですがシンプルなデザインなので会社にもつけていけてかわゆいです。

23時まで遊ぶ私達。
家が近いってなんて便利。
久々にあおやが私の家でご飯を食べました(いつもは逆ww)。
から揚げなのは分かっていたので「いえーい、からあげー!」って帰宅したんですがw
私の携帯渡して母親にあとどれくらいで家に着くかあおやに電話してもらったり(逆もやる)。
私達どちらかが結婚したら友人席じゃなくてもう親族席でよくね?っていう感じです。





ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害








posted by 氷迫 律 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

まとめみたいなもの

まだ復職して3日目なのでとやかく書けないんですが、これから復職を目指す人に何か少しでも残せるものがないか、役に立つ情報を提供できないか色々思案中。

復職と言う言葉でこのブログにたどり着いた方は、ブログ内を「復職」or「リワーク」で検索していただくと少しは私がどうやって復職に至ったかが分かるかと思います。



ドクターに「律さん良い表情してますね」って誉められたよ!!
最初の復職より辛さや気の張りがない感じがする。
勿論ストレスはあるんだけれども。

ヘレン・ケラーの有名な言葉「障害は不自由だが、不幸ではない」というのを私は最近良く思い出す。
これは決して身体障害のことだけを言っているのではないと思う。
欝にせよ私の疾患の一つ「パーソナリティ障害」など「〜障害」とつくものであれ、「障害=日常に支障をきたすもの」と考えれば精神疾患だってこの言葉は当てはまると思うのだ。
しかし精神疾患者は不幸自慢をする人が結構多い。
そこから脱したとき、きっと新しい道が見える。
それは新しく急に出来たのではなく、今まであったのだけれど視野が狭くて見えなかったものが見えるようになっただけ。
そういう風に、思えると楽になる。




ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害



posted by 氷迫 律 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

頭痛

たかだか午前勤務二日で頭痛に見舞われました律です。
やっぱり実際に勤務するのってストレス度高い…。

でも午後は姉様の涼紀ちゃん、妹君のあおやと遊んでもらってうはうはでした。
しかしあおやがメイクをしてくれと言うからしているのにアイラインを引くのを滅茶苦茶怖がるのには苦労しました。
…これはイベント当日朝奴のメイクをしに行かないと駄目かもしれん…。
その発案をした哥哥には相応の対価を要求したいと思います。
私の休みを何だと思ってるんだ!
しかも涼紀ちゃんには「え、イベント来るんじゃないの?」と普通に言われた…あんな人混み行けるか!!
過呼吸で倒れるわ。





ランキング参加中



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害

posted by 氷迫 律 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

初日!

当分リハビリ出勤なので午前のみです。
復職初日は前回よりは緊張しなかったものの帰ってきたらぐったり…。

特に仕事もなく(コピーとか雑用をしていた)過ごして、今まで自分がやっていた仕事の手順書を見直していたのですがほとんど忘れてましたorz
私の脳みそ残念すぎるだろ…。

しかし帰ってきたらふらつくほど疲れていて、肩も首もたった半日で凝ってしまいました(泣)

もう直ぐ年末休みだし頑張るぞ!



ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害



posted by 氷迫 律 at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

リワーク卒業

昨日「明日は卒業だし赤いドレスでも着ていこうかしら」的発言をしたはいいがドレスで赤はまだ持ってなくてワンピにした件www
ってことで今日は赤いパフスリミニワンピ黒のハイネックをインして、薔薇の模様の編みタイツにニーハイブーツでした。

リワークの方の一人が律の異常なスーツ萌え(リワークの人がスーツ=大抵会社と面談だから欝になってるのに、一人きゃっきゃはしゃいでいたため)を知っているのでわざわざスーツを出して着てきてくださったんですよ!!!!!
その時点で律のテンションうなぎのぼり。
Oさんありがとう!!!
男性のスーツは本当に萌えます。
ためつすがめつして楽しみました(ただの変態だよ)

普通はお別れ会するのですが時間が持てなかったのでラスト20分くらい使って律の今までのありがとうと、皆さんからの言葉を貰いました。
良く風邪を引いたり、最初のほう仮眠ばかりしていたせいか皆さん「体調に気をつけて」と言って下さいましたww

最初は嫌々だったりワーク。
朝は起きれない、起きても電車に乗ってリワークに行くだけでHPを使い果たし仮眠ばかり。
同病相哀れむのが嫌だといって距離をとったり、不幸自慢する人を見下したり。
認知療法(リワークでは大体4人が1グループでシェアリングをするグループでの認知療法でした)を通して、リワークの人と話すのもいいことなのかもしれないと思って、グループミーティングに参加し始めて。
少しずつ話す人が増えて、レクリエーションで皆で遊んだり。
いい年をした大人が人生ゲームや大富豪やウノをやるのって、馬鹿らしいと思ってたけど、ゲームって言う媒体があれば会話がスムーズに出来る。
ルールを教えたり、勝てそうかどうかとかを話したり。
実際の勝ち負けはさして重要じゃなくて、喋ること、協力すること、声かけすること。
そういう力すら、ボロボロになって休養せざるを得なかった人たち(私を含む)は衰えていた。
下らないと思ってたことも、意味を見出せば楽しかった。
作業室にPC作業以外でも入るようになって。
苛々したり、苛々をアシスタントさんにぶつけたり。
話しかけられたり、質問されたりすることもあって、最初はうっとうしいなあと思っていたけど、アシスタントさんに「氷迫さんの”近寄らないで!!”っていうとがった部分がなくなってきたから皆話しかけるんだよ」と言われて、最初どれほど自分のことで手一杯だったか思い知った。
時間延長で9時からリワークに来ることができるようになって。
仮眠を取らなくても午前から活動できるようになって。
きっと一人だったら潰れていた。
リワークの人、カウンセラー、アシスタント、ドクター、私が病気でも変わることなく接してくれた大切な人たち。
こんな風にきちんとした生活サイクルはできなかったし、自分が週5働くのには何が必要なのかとかもきっと分からなかった。
闇雲に薬に頼ろうとした。
リワークに行くのが嫌だとドクターともめたりもした。
それでも8時間眠ること、決まった時間に起きること、一週間を見据えたスケジュールを組むこと、安定した生活サイクルのためには時に自分の趣味や娯楽を犠牲にする必要があること。
そういうことを自分で理解して、実行して、ちゃんと結果が出たから続けられた。
沢山の人が自己肯定できない私を根気強く誉めたり、認めたりしてくれた。
私の拙い能力でも、役立つことはあるんだって教えてくれた。
無駄なほどある語彙力も、ある程度のPC操作能力も、読書量や大学で沢山の辞書や原点を捜したり、レポートを書いた経験も、何一つ無駄じゃなかった。
リワーク利用をする人のためのツールを作ったりも出来た。
ありがとうって言って貰えた。
たったそれだけの言葉が本当に嬉しかった。


ありがとう。


私はリワークに行ってよかった。
今リワークを利用している人、これから利用したいと思っている人へ。
最初は通うだけで精一杯でもいいと思う。
通えただけで十分自分を誉めてあげて欲しい。
そして、少し周囲を見渡す力が付いたら、色んな人と話してみて欲しい。
できれば不幸自慢や会社への不満じゃなくて、他愛ない日常会話から。
そのなかで、苦手な人は避けてもいいし、仲良くなる人ができたらラッキーだと思う。
そして集団の中で自分が何が苦手なのか、何が得意なのか、どういうポジションだといいのか、そういうのを見つけられたらいいと思う。
自分なりの「リワークに通う意味」を見出せれたら、きっと通い続ける力になる。
共有スペースを綺麗にしたり、備品を補充したり、こうやったらもっといいんじゃないかっていうことを自発的に出来るようになったら、それはきっと回復の一つの証拠だと思う。



復職して、何ヶ月か後、あるいは何年か後、貴方が回復したことを会社に示せたら。
それは今後貴方の会社で心をやんで休職をする人への一つの回復のルートを確立したことになる。
本当はうつなど心を病む前に対策が取れるといいのだけれど、それはまだ難しいので。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害




posted by 氷迫 律 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

ドタバタ劇にも程がある

いつもどおりリワークに行く。
午前中待ったが会社から連絡がない(17日から復職予定なのに)
午後、担当カウンセラー(リワークでは、クリニックのカウンセラーとは別に担当してくれるカウンセラーとアシスタントが個別に――とはいえ一人のカウンセラーやアシスタントが複数の利用者を担当するのですが――――います)に、進捗状況確認の電話を会社にしていいか聞いてみる。
OKが出たので電話すると、なんと人事課長が新型インフルにかかっていてやっと今日から就業許可が出たとのこと。
部署を複数の中から選ばせていただけるという破格の扱いには深く感謝しつつも、元の部署に戻るのが最良だとカウンセラーやアシスタントの話し合いでなりました、と改めて報告。
で、部署決定したので急遽リワーク後面談が。
復職の同意書にサインして、17日から、一月末まで当面午前勤務することに決まりました。

長かった。
4月に説明会に行って、それで支援(本当は11/27で終っているので現在はフォローアップという形)が明日まで。

明日はお別れ会してくれるらしいですよ。

変なのー。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害



posted by 氷迫 律 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

気力減退

ううー。
携帯も放置(もちろんついったも放置)してうだうだベッドで読書してました。

駄目だ力尽きてる…。

しかも見捨てられ不安が…。
その相手が会社じゃぶつける場所がなさ過ぎる…うああ切りたい。
手首ざくざくしたら落ち着く気がするんだが。

でも誰かカラオケ行こうぜー!


ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害
posted by 氷迫 律 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

二転三転

復職する部署が決まらない律ですこんばんはー。

って、結構困ってるんですけど。

ドクターは会社に「氷迫さんにあいそうな職場をメリットデメリット含めていくつか提示して選んでもらったらどうか。仕事量よりも、氷迫さんと信頼関係を結べるような上司を選ぶといいと思う」と人事の方の「氷迫さんが安心して復職できる場所を」という熱意に対してそう仰ったそう。
その期限を今日までにして、今日中に律に提示して月曜日に返答、火曜日か水曜日に職場挨拶、17日復職をベストにしていたのですが。
受け入れ先の候補が限られてる割には今どこも人余り状態だし、うつ病患者を受け入れられるところは少ない。
結局もとの職場以外の候補に対する交渉が難航しているらしく「もしかしたら復職年明けになるかも!」と…。

慌てたのはリワーク側。
リワーク側は部署が決まらないこと(それがたとえ会社の厚意からのものであったとしても)に律の不安が出ていてふらふらなのを知ってる。
律が17日の復職に合わせて必至にコンディションを整えようとしているのも知ってる。
「絶対に年内復職!」
ってことで、人事の面子を立てつつうまく早期復職を促そうと裏から手を回してくれることに。
最悪ドクターともう一度面談して年内復職は絶対だと伝えて貰わないといけないかもしれない。
あああああああ。
何で復職間際になってこうトラブルが!!!!!



ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害
posted by 氷迫 律 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

読書の日!

今日は父親も一緒と言う気まずいクリニックデーでした。
私が「これだけ復職が間近に迫っても部署が決定しないのは私を持て余してるんだと思う」とカウンセラーに言ったらドクター私にこう仰いました。
「人事の方は本当に少しでも氷迫さんが会社に行きやすい部署を探そうとしているように思いました。部署が未定なのは不安かもしれませんが、そのように思うと復職が上手くいかなくなってしまいます。実感はないとは言いますが、あなたは随分変わりました。それを真摯に会社の方が受け止めたからこそ最善を尽くそうとしてくれているのだと思ってください」

「過去と他人は変えられない」変えられるのは自分だけ…それはアサーションの基本的な考え方だ。それを元にすると、私が変わったことによって相手は自発的に私のために何かしようとしてくれていることになる。
前述の発言の通り私は相変わらず後ろ向きな考え方だし、勝手に自分で不安要素を作っている。
私は私が変わったとは余り思っていない。
でも周囲は変わった、回復したという。
この実感のなさは何なのだろうね。




ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害

posted by 氷迫 律 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

復帰間近だよ?

復職まで10日を切ったのに復職する職場が決まらないとかお前…と会社に問い詰めたい律です、こんばんは。
結局律の持ってる能力を生かせる職場が基本的にない(私は文系のしかも国語に偏った能力しかない、理数系はてんで駄目)のはいいので職場にあわせて私が能力をつけていくんでしょうが。
誰なら私を上手く統率できるのか、で多分課長クラスが押し付け合いをしているんじゃないのかと(被害妄想かなあ)。
ボーダーラインと自己愛(最近これも持ってるんじゃないか疑惑…)の私は自己の認識が上手くいかないから他者に共鳴する率が高い。
思考や行動をトレースしてしまうというかどこまでが自分の考えでどこからが他者の考えなのかいまいちあいまいと言うか。
深い共鳴はますます自己と他者の境界を曖昧にし、私と言う輪郭を消していく。
そして陥る深い依存。
私を統率できるものは限られる。
私に私が納得できる理由をもって言動の制限を出来ること。
私を見捨てないこと。
私の共鳴に巻き込まれないこと。
私の揺れに動じないこと。
とにかく医師、カウンセラー、人事、上司皆で同じ指示を出す必要がある。
命令系統が別々のこといえば私の揺れはひどくなる。
そして会社と言ういろいろなものに揺れるところに、揺れるな、私の前で確固たる自我と指示を与え続けろというのは酷な話だ。
私がどこまで会社と正しい距離をとり続けられるかなのだろう。
会社はあくまで給料を得る場所である、と割り切るのは「そういう考え持つ」ことは容易いが実際会社に通いながら「自分と会社を切り離す」のは凄く大変だ。
会社から浮いた存在でいいなら出来るかもしれないが、会社の歯車である社員が会社の中で機能不全をおこしていては意味がないだろう。
浮かないことと馴染むことはまったく別だが、私は同調していくか全て拒絶するかの二者択一しかない。
面倒だ。

私は私が厄介で。
私は私が一番嫌いだ。
そして私は私を最も信頼していない。

そんな人間の扱いを精神科医以外でしろと会社の上司に求めるのは本当にかわいそうだと思う。
しかしできなければ同じことの繰り返し。
私は不安になる不調和を起こし勝手に壊れて逝く。

守られた世界で
大切な人たちしかいない場所で
ゆっくり呼吸が出来たらどれだけいいだろう

ああでも
きっと私は自分の中に不安が芽を出したら
もうその成長を止められないのだろう
誰もいなくなるまで
誰かを試し続ける
双方がボロボロになるのは分かっているのに

そんな生き方しかできないの?
こんな生き方ではこの脆弱な器は長く続かない。

それでも
それでも


受け入れて
認めて
愛して
最期の最期まで
嘘を突き通して
そうしたら信じるから
信じてみせるから







ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害



posted by 氷迫 律 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

貧血

くそう、ただでさえ血液の不足しがちな身体をしているのに(いや、自傷で瀉血しなきゃいいんだが)、無駄にさっき指先切った。
知らずについったやってキーボードが血まみれになったよ気持ち悪い。

おかしいなあ、鉄分のあるものも大好きで最近は一月で1リットル血液抜くとかそんな危ない橋も渡っていないのに…通常の女の子の日で私は血液の正常値から外れるというのか…しょぼすぎる。

でも元々自律神経もやられてるからこの眩暈立ちくらみと耳鳴りが貧血のせいなのか自律神経失調症のせいなのか分からん。

耳鳴りは最近結構酷いから困る。
頭の中で音叉鳴らされてるみたいだ。
聴覚過敏で聴こえすぎるのに急に耳鳴りのせいで話し声がノイズ塗れになったりする。
ドクターに相談かなあ。

あー、また風邪引きました。
正確には気管支がやられたという。
ヒューヒューゼーゼー言ってる。
気管支は小児喘息やってるし弱いのは分かってるんだけどこうもしょっちゅうズタボロになられては困る。

精神的に参ってるのに肉体も弱ってるって最悪。

明日はドクターが律の取り説を会社の人間にする日ですよ!


ランキング参加中。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害






posted by 氷迫 律 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

気づけよ!

ここ1週間やたら苛々するしやる気は出ないし眠いし普段食べない甘いものは食べたくなるし食欲はあるし…なんぞ?と思っていたら。
女の子の日前で色々な部分が狂っていたみたいです。

復職に気をとられて女の子の日が近づいていることも忘れていた私。
元々ストレスによって不順になりがちでいまいち来る日が読めないってのもあるんですが。
PMSマジやっかいもう嫌…。

で、今日は女の子の日痛で一日中ベッド。
「死ぬ、マジで死ぬ…」とロキソニンを定量の3倍(ヲイ)飲むも痛みはおさまらずずっとベッドで死にそうになってました…。


しかもうとうとする中で嫌な夢しか見ないし。




ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害
posted by 氷迫 律 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

雑貨

あおやと雑貨屋さんめぐり。

私は特に買うものがなかったのであおやがきゃっきゃしてるのを楽しんでみてました(変態かお前は)

ていうか前日はっちゃけて2時過ぎに寝たので8:30に起きれるはずもなく、11時の約束にも無理…って13時に時間変えてもらったら今度はあおやが時間に遅れる!ってなって遊びに出かけたのは13:30頃。

以前私はダウジングで指輪を探し当てましたが今度はあおやが出席した友人の結婚式の写真の入ったSDカードを探すことになり。
基本的にダウジングは失せ物探しにしか使わないのですが他人の失せ者は探せない。
なぜなら私はペンデュラム(水晶などの振り子)がイエスとノーに正しく回転することで自己暗示をかけ、どこにやったか脳は覚えているけどそれを思い出せない状態に働きかけて場所を限定するから。
他者の失せ者は私の記憶にそもそもないのでペンデュラムは正しく回転しない。
なので、あおやにペンデュラム(今回は愛からもらった水晶のネックレスを使用)を持たせ、目を閉じさせておいて私が手を添えて質問を繰り返す方法をとりました。
簡単に言ってしまえばあおやを催眠状態にしたようなものですが。
自己暗示と違って振り子の揺れが小さいのですが、かろうじて読み取るのはまあ長年の勘かなあ。
あおやが最初ここに置いた、という場所でノー、母親が物を片付ける部屋でもノー、あおやの自室でイエス。
それ以上の限定は難しいので「SDはいつもどこにしまうの」と後は質問していくだけ。
あおやは「この引き出しだけどここのSDは違う気がする…」といっていたのですが試しに引き出しのSDをデジカメに読み込ませたらビンゴでした。
すっげ感謝されたけどダウジングで失せ物探しの場合は本人の深層心理に働きかけるので特に私に特別な力があるわけでもないです。
ただ、私とあおやに信頼関係があったのは大きな要素だったかもしれませんが。
コツを掴めば失せ物探しくらいなら誰でもできるようになると思うのでダウジングの本来の有効性(水脈なんかを当てるって言うあれね)は定かではないですがダウジングも一つの方法として持っているといいかもしれませんねー。

タロットなんかは場所の限定には使えないものの、何かを占うのであればおすすめです。
良く当たります。
同じ質問で占いを何度もしてはいけないというのはまあ普通のことですが、タロットはうっかり同じ質問をしても同じカードが出るなんていう怖いことも起こります。
大アルカナ(21枚)だけじゃなくて小アルカナ(56枚)も含めた占いで同じカードが出たときの恐ろしさは半端じゃない。
セフィロトとか本当に怖い。
普段は私はヘキサグラムで占いますが。


占いにせよダウジングにせよ依存は良くないですよ。
当たったら凄いねーくらいにしておかないと。

ハマる人は本当にそういうものによりどころを求めてしまうので。
宗教にはまるのと同じ原理だとは思いますが。

なんにせよ個人を救うシステムであって万能の魔法の杖は存在しないと思っておいたほうがいいです。



ランキング参加中。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害









posted by 氷迫 律 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沢山のこと

今日は朝から「だるいつらいリワーク行きたくない…」な状態でしたが「とりあえず行って、だめなら仮眠取ってればいいや…」と思い直してリワークへ。

毎日会社に通っている人から見れば多分「はぁ?」なことなんでしょうが、うつは本当にやる気とかを根こそぎ奪います。
全てを病にひっかぶせて悲劇のヒロインやってた私からすれば、体調や精神状態が悪くても時間通りに出かけることができるってすごいことなんですよ…。

機嫌が悪いことはあいさつをしただけで分かる律ですので(元気がないから)、皆そっとしといてくれましたww

日経ビジネスが中国ビジネス特集で、読んでたら辛いのもすっかり忘れて午前のリワーク終了。
15時までやれそうだったのですが、ここ数日昼過ぎると熱があがっていたので大人しく午前で帰る。

17時まで仮眠を取って、18時くらいから瑠綺唖とお買い物ー。
瑠綺唖のお買い物に付き合うはずが、ちゃっかり自分の買い物をしている私ww
あーくそーレストローズのトップスとスカート可愛かったあうあう。

楽しいお買い物でした。
ちょっと前までは買い物に行っても欲しいと思うものがほとんどなかったのでちょっとは回復してるのかなあ。


会社とか復職とか病気とか政治の問題とか、最近たくさんのことを考える。
私はうつで休職した子がまずい状態になりかけてるのは気づいてて、どうにかしたかった。
実際人事に進言もした。
でも、私もその時ボロボロで、「他人よりも自分のことをしっかりして」と取り合ってもらえなかった。
結局私は倒れて、その子の異変に皆薄々気づきながらも誰も手を差し伸べなかった。
いや、差し伸べたとしてももう手遅れなくらいその子はボロボロになってたと思う。
私が倒れたのが3月だけど、その子が少しずつ壊れていっているのは復職直後から気づいていた。
結局その子に与えられた休職期間はたった2ヶ月。
治るのには余りに短い期間。
それで復職して、また倒れて。
私と言うケースが直前にあったにもかかわらず、会社は私の事例を教訓にはしなかった。
ただ、「私が弱かった」のだと、病気と言うものの根深さや治癒の困難さ、復職の難しさを深く見直すことはなかった。
その子を責める権利など会社にはない。
せめて半年休職させて、私が復職してからその経過を見てその子をリワークに入れていれば。
私がもっと早くリワークの有効性を私自身で実証できていたら。
何かが変わっていた?
どうして会社は、心が食い潰される前に従業員を助けられないのだろう。
粉々になった硝子のコップを元に戻すことよりも、硝子のコップに入った小さな皹をパテで直す方がずっと楽なのだと分かっているのに、病に苦しむ人を助ける術はない。
上司や同僚に相談できるだけの信頼関係を、同僚や部下の異変に会社として助ける取り組みをすることもない。
結局クリニックへ行って診断書を突きつけてはじめて会社は動く。
それではもう遅い。
会社によって壊された心は、会社への恨みとして残る。
失望し絶望し憎しみを抱く。
それでは人材の持つ力を引き出すことは出来ない。
もっと病の正しい認識があれば。
ストレスサイン(不眠、拒食、過食など)に気づいて改善する努力を会社がしていたら。
毎年3万人を越える自殺者を減らすことが出来るかもしれないのに。
弱者を切り捨てる社会が、弱者を殺していく。
無知と無理解だけで人が殺せると、どれほどの人が知っているだろう。

せめて今、悩み、苦しんでいる人たちが。
一日でも早くクリニックに通い、自分自身でセーフティネットを広げてくれることを願う。
心の病は甘えや弱さじゃない。
沢山の小さな出来事が重なりふくらみ、いつしか心を食い潰す。
誰でも苦しいときはあるなんて一般論に惑わされないで欲しい。
自分自身の声をちゃんと聞いて欲しい。
そして相談を受けた人は、決して茶化すことなく重く受け止め、その人の支えになってほしい。
一人では治らない、戦えない病だと、分かって欲しい。




ランキング参加中。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害
























posted by 氷迫 律 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

風邪ー。

久々に午前仮眠してしまった。
ていうか一応タオルケットに包まりながら日経ビジネスを読もうと思ったんだが寝入ってたんだぜ。

で、どうも頭が重たいから午前でリワーク帰って来た。

帰宅してから寝てたら熱も下がったみたいだけど。



祖国とナトリウムのPVがすばらしすぎてロミシンが塩になってしまった件。
私のたーめとー 差し出すー手にー 握ってーる そーれは トマトでしょ
にっさまの笑顔が素敵すぐる。

リワークももうすぐ終わりなんだなーと思うんだけど、4月に説明会に参加してカウンセリングが始まったから半年以上通ってるんだなあ。
あれだけ最初は嫌だったのに、今じゃ古参の一人とかwwwww


喉痛いー。


自分のことで精一杯であんまり他の人のことを気にかけられない状態なんだけど、確かに自分を守るのが最優先だとは思うんだけど、「こんな状態が続いたら見捨てられるんじゃないか」って見捨てられ不安が出てきてて結構辛い。
リワーク卒業するのがなんとなく嫌なのも、見捨てられるような感じがするからかもしれない。


ランキング参加中です。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害













posted by 氷迫 律 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

今更再び

会社面談が先日ありました。

担当スタッフたちと事前打ち合わせをすることもなく、ほぼぶっつけ本番でやってきました。

私が復職した当初から「あー、この子まずい…」と思っていた子が案の定うつ→二ヶ月休職→復職→また来れない、となったらしく課は違うものの部としては律も復職したけどつぶれて再休職、その子も復職したけどとても安定しているとは言いがたい(たぶん良そうだと再休職)なので、短期間に二人も休職者を出したので結構問題になったみたいです。
で、正直復職間もない人間を二人抱えるのはこの忙しい時期に辛い、ってのと精神疾患者をどう扱って良いか皆分からなくて腫れ物に触るような感じになってしまっている、ってので律の配属先が変わる可能性あり。
後は、やることが何もないという状況が精神的にかなり負荷になることは上司も人事も承知してるんだけど、どう雑務を集めても暇な時間は出来てしまう(課としては無茶苦茶忙しいのだが私に仕事を任せている暇すらない)。
そうなると自己肯定が出来ない私は他者からのフィードバックで自己肯定材料を提示されて、それを肯定する、と言う状態なのですがそれができない。
だったら良いフィードバックを返せる部署にしたほうが律は安定するんじゃないか…と色々意見が出ているそうで。
私にしてみれば「一番最初の配属先以外ならどこでもいいよー」って感じ。
戻ってみなくちゃ分からないし…って思ってるので。

そもそも休職した子は休職期間が短すぎるしね。
二人の精神疾患者を抱えている場合、時間を割いてもらえなくなるのは律の方な訳で(私はリワークに通っていて一応ある程度の回復をしている、と判断されているため)。
そうなると会社にセーフティネットがないのか…うーん、どうしたもんかねーって感じです。
結局ドクターとの話し合い待ちになったんですが、私とスタッフは「一旦戻って、どうしても駄目なら4月に異動させてもらったらどうですか?」で一致wwww

その子が休職してるのは中間報告の時点でも分かってたよな?何故言わない?
と思いましたが既にどうでもいいモード。

好きにしたらいいさ。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害

posted by 氷迫 律 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

血筋

私は「本家の正当な血筋の子」と父からの祖母に言われていたせいか、「一族」と「血族」を明確に分けて考えるようです。

つまり、いとこやはとこは全員「血族」だから血が絶えないように守る必要があるけれど、「一族」のよその人間(おじの嫁とかそういう人たち)だからいざとなれば切ればいいや、というような残酷さがあるというか。
私と血の繋がりがないからといって冷たくするわけではないのですが(血が繋がっているから大切にしているというわけでもない血族もいるし)、本家の子供達を差し置いて嫁が相続に口を出すな、というのは母方にもある風潮です。
しかも実際、遺言状で伯母(母の兄に嫁いで来た人)には何も残らないようになっているはず。
伯母は祖母さえ死ねば土地も家も自分のものと思っているようですけどそこまで血族たちは甘くないよ。

何故祖母にそんな風に言われて育ったかといえば、祖父が本家の跡取りだったのにもめた挙句養子が当主になっていたから。
父方の家は本当に昼ドラもので、曽祖父は正妻の他に何人か囲っていて、正妻亡き後の後妻争いも凄かったらしい。
当然正妻の子である祖父以外にも異母兄弟がいるわけで。
ちなみに血は争えず祖父にも妾がいて、父には異母姉がいます(育てたのは祖母)。
ここまで細かい事情は知らせれていないまでも、祖母にしてみれば祖父が当主にならなかったのは業腹らしく「律ちゃんは本家の跡取りになれる唯一の娘なんだからね」と言われて育ったという。
祖父とは小学校5年生のときに本家近くまで旅行に行って逢ったのですが、父が「自分が実祖父だと絶対に知らせないなら逢わせてやる」という条件で逢わせたので祖父だと知らずに逢いました。
ちなみにその時、祖父のことを「Mさん(祖母のこと。父は両親、異母姉など血縁のことを皆名前にさん付けで呼ぶ)の昔の恋人が、Mさんに孫がいるって知って逢いたがってるから逢ってきなさい」と説明して、私もそのころには色々知っていたので「おばあちゃん、恋多き女だもんね…いいよ、そのおじさんが逢いたいって言うなら」と納得した私も私www
しかし祖父だと名乗れない=私を本家の血筋の子だといえない、なのでそれなりに葛藤はあったかとは思いますが。
とにかくなんでも買ってくれる人で、「ふぐ好きー」といえば料亭に連れて行ってくれるし、書店に寄れば漫画を買ってくれ、街を歩いていれば私が目に留めたものを片っ端から買おうとするので逆に私が止めたほど。
ちなみに空港だか空港近くの宝石店だかで「おじさん、この蒼い石はサファイアって言うの。律の誕生石なの。綺麗でしょ?」と言ったら(それは単に当時宝石の知識をひけらかしたかっただけでねだったわけではない)後日18金にサファイアとダイアモンドが花のようにあしらわれたネックレスが届きました…。
さすがに小学校5年生がつけるには早かったのですが、そのネックレスは貰った当時から大切に宝石箱にしまわれ、「20歳になったらつける」と決めて20歳のときに初めて身につけました。
その頃には実祖父だと知っていたので「おじいちゃん、って呼んであげればよかったなー」と思っていたのですが。
祖母はちょくちょく私の写真を送っていたらしく、成人式の写真(ラベンダー色のイブニングドレス)は随分喜んでくれたそうです。
結局その後逢うこともなく祖父は亡くなってしまい、家の事情が事情で遺骨を貰うこともできず、祖父がなくなった知らせを受けてから暫く父が「これはTさん(祖父の名前)に」と日本酒を置いて手を合わせていたくらいです。

しかも祖母の弟には孫がいるのですが、日米ハーフなので跡取りにふさわしくない、律は早く結婚して子供を産んで何人目かの男の子を跡取りに寄越せ、となんと16歳の誕生日に電話がかかってきて以来私の「父方の血は一切合財私で絶やしてくれるわ」という思いに拍車がかかったのでした。
もう嫌だー。
誰が子供なんか産むかー。

未だにそういう前時代的な世界はありますよー、巻き込まれるこっちはたまったもんじゃありませんよ、と言うお話でした。

ちなみに父も祖母も、「父親(夫)としては失格だったけど、男としてはとても粋な人だった」と祖父について述べています。
私には優しいおじさんでした。
結局は母は「一度もお舅さんに会わないままだった」と今になってありえない家に嫁いだことにうんざりしている様子でした(笑)
母も「お父さんの家系は本家だ分家だってだけじゃなくて妾とかまで出てくるから複雑すぎて訳が分からない」そうです。


こんな面倒な家に生まれると色々歪んで育ちます、本当に…。
余談ですが父方も母方も精神を病んでいたり異常に体が弱かったりと言う子供が生まれやすい家です(ちなみにいとこ11人中私を含む3人が現在精神疾患治療中です)。
で、見事律は身体も弱ければ精神も病むという両家の悪いところを継いだわけです。
子供産みたくなくなる気持ちも分かってほしい…。


私の周囲は割りとそういう家の相続関係とか家系図書くのが面倒くさい家に生まれている人が多くて、こういう家は普通なんだと思ってましたがマイノリティーなんだねーwwww





ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害




posted by 氷迫 律 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

苛々

疲れが取れなくて復職への不安が募ってひたすら苛々。

朝父親を会社に送って(今日は飲み会だそうです)、そのために私は本来休日なので8:30に起きればいいのに平日と同じ6:30に起きねばならずそれだけで苛々。
さらに帰宅したら母親に「明日ゴミ出しなのよねー。主にあんたのワインの壜の」と言われ「今日だって平日どおりに起きて明日も起きろって言うの?!あんた私の休日を何だと思ってるわけ?!そんなに壜が邪魔なら酒屋にでも持っていくから放っておきなさいよ、うっざいわね!」とブチキレ。

14時まで不貞寝して、のそのそ「復職したらミニスカートだめじゃん…。膝丈くらいのスカート買わないと…」とショッピングモールにいくも気に入るものが見つからずもう諦めるか…って時にベロアで深紅の膝丈ちょい上のスカートを見つけて購入。
後は割ったシャンパングラスを買って、サーモマグを買って帰りました。


うー…苛々おさまらない。




ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害




posted by 氷迫 律 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

限界

昨日は財布を忘れ今日は携帯を忘れた律です、こんばんは。

リワークが今日で終了しましたが、12月半ばの復職までは「自由に来ていいよ」と言われ、何そのアバウトなの…と思ってきちんとスケジュール組んでリワークと会社に提出しました。
復職可の診断書が出たことについて、会社行く自信ないようとかまた泣き事言ってたんですが、叱咤激励されて一日過ごしました。
ボーダーの厄介な言動や気分の酷い揺れはアシスタントも了解済みなので一貫して「大丈夫、貴方はここに来て随分変わった。復職できる」と根気強く話してくれて一安心。

最近アサーションの考え方や実践方法がやっとストンと心に落ちた感じがしたのでそのことを書きたいのですが今日は力がないのでまた後日…。

たたき台のつもりで出した報告書が一発OKだったので、「形式だけ整えるー」と若干の修正を加えて正式な書類として提出。

で、定期的な報告書のほうは今日は疲れがピークだったらしく珍しくリテイクくらいました。
くっ…。

で、午後は遊ぶぞ!ってことで通所者の方7人でUNO大会(リワークでは通所者でゲームをすることでコミュニケーションを取る練習をしましょう、と言う目的でレクリエーションの時間があるのです)。
日頃は無口な方も喋ったりはなしかけられてりと言うことが増えますし、ゲームを一緒にやってるのってなんか一体感ありますしね。
久々にやったら盛り上がるのなんのって。
ドロー2とドロー4が膨れ上がって12枚カード追加させられたM君乙。
そしてラスト1枚になって「ウノ」を言い忘れること3ゲーム中7回のTさんも乙wwwww
うちのローカルルールではドロー2やドロー4に対して色さえあればスキップやリバースを出して対抗してよかったんですが今回はダメってことで。
私も何回くらったかな攻撃を!!
楽しいよー。

高校同級生4人娘が集まる際には是非我が家でOKなのでUNOやりたいです。





ランキング参加中。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害







posted by 氷迫 律 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

診断書

今日のカウンセリング憂鬱すぎてぐだぐだしてたらいつの間にか出発時間過ぎてて慌てて遅れますの電話。

そして慌てすぎて財布忘れた…。
無免許運転してしまったよorz
あ、ちなみに病院代は自立支援法適用なので負担額ないので助かった(本当は3割→1割になるのですがその1割を自治体が負担するので)

ドクターには「復職可の診断書、出すけどこの日からなんてどう?」「あー、いいと思います。うわあこれでもう逃げられない!復職本決まりになってリワーク行けなくなる人の気持ちが今なら分かる!」とみーみー泣き言。

長かったなあ…私来年度で入社4年目になるのですけど実質一年半しか働いてないからなあ…(入社して一年と一ヶ月で人事の強い後押しで休職→十月中旬に復職するも翌年3月に過呼吸で倒れたり色々あってまた休職→4月にリワークの説明会&利用決定→8月から本支援)。

あー、考えるの疲れた。

あの線路にさ 飛び込んでみたいと思う (炉心融解のメロディでどぞ)

と思わず口ずさんだ昨日といい気分の上下に振り回されてる何これつらい!




ついったやってます。
こちらから。
やってる方は構ってくださいー。


ランキング参加中です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害









posted by 氷迫 律 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

反日って…

ヘタ好きだけど、それと政治的な意味で国家が好きかどうかってのは別。
米軍基地は縮小するべきだと思うし、中国は国じゃないと思ってるし韓国いい加減にしろって思ってるし。北朝鮮にいたっては長期的に見て滅びるのは間違いないんだからもうさっさと潰しちゃえばいいんじゃないのか…と思っている。(むしろ韓国とやりあって共倒れしないかな…)

オーストラリアにホームステイ(中学の頃)した話をしたら、「オーストラリアは反日国家ですが、そのような被害にあったことは?」と聞かれました。
父親から「反日感情を持っている人もいることを忘れるな」とは言われましたが、2週間のホームステイや観光で不愉快な目には一度も遭いませんでした。
オーストラリアは捕鯨に反対していますし、勿論反日感情を持っている方もいらっしゃるかとは思いますが、少なくとも日本人をホームステイさせて娘だと可愛がってくれるような家でそんな目に遭う筈がありません。
ステイ中通った学校も、日本人を毎年受け入れている学校ですので親日と言えるでしょう。
国家に関する感情は一概に黒か白か、に分けられないと思います。
まあ、国家の政策として反日を掲げていたり、ことあるごとに金をせびる国があるのは確かですけれども…。

私が大学の頃、ある教授の言葉。
「あなた方のような若い世代が朝鮮や中国の民族に対し蔑視しないのは一見いいことのように思えますが、それはただ単にあなた方が歴史や他民族に無関心なだけです」
確かに。
日本は単一民族だと未だ言い張る人間には本当に失笑しか出来ない。
周り見渡せよ。
法の整備の遅れで(意図的にしてきたんだろうが)日本はこれだけ様々な民族が流入してきているにもかかわらず単一民族だとほざく。
琉球、アイヌなどを軽んじるにもほどがある。
日本現状の法整備では「単一民族」かもしれないが、実情は多くの他民族が日本に居住している。
日本はかなりゆるい多神教の国家なので(例:大晦日に除夜の鐘を寺へ突きに言った後陣者で甘酒をもらうとか普通の光景)、キリスト虚位国家やイスラム教国家などは理解しがたいかもしれませんね。
日本で学問の神様と崇められている菅原道真は、何故神様として信仰されるようになったのでしょうか。
それは彼が左遷されてから悪いことが沢山起き、「道真の祟りだ」とおそれられたので、御霊として祀ることで魂を沈めさせ、良き神として信仰されたからだと言われています。
日本は悪霊(亡霊)も神様にクラスチェンジして信仰すれば大丈夫!みたいな感じだったようですね。
なので日本の神々は八百万の神々、なんていわれるのだと思います。



私結構親日国家と言われているところに旅行に行くことが多いからなあ…。
日本人だからって軽視されたりはされたことないです。




ランキング参加中。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害






posted by 氷迫 律 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

ドリーム行きたかった!!

競艇王チャレンジカップ常滑だったのか!!!

今日のドリーム行きたかった。
超行きたかった。

帰宅して速攻録画見た。
予想は今垣が4カドでマクリざし!4−1−2の3連単で決まりだろと思ってたらドンピシャすぎる。買ってたら4500円くらい儲けたのにorz
スタ展見てなかったけどスタ展は6号艇が前づけしたのかな?
でも進入枠なりでしたね。
それにしても3号艇が前2艇おさえてその際内をさすってかっこいい!!
間近で見たかったよおおおお!!
今垣選手は私が山崎見たさに蒲郡行った時に生で見ましたが、愛知で人気なんですよね(ちなみに彼は石川の出身だったような…)。
いや、その時は山崎がぶっちぎりで女性ファンからプレゼントもらってましたが(艇界の貴公子といわれるくらい山崎は格好いい。でも私は顔もさることながらSGかなんかの優勝戦で6号艇から鮮やかにマクリざしして優勝した彼を見たときからファンです)。

ちなみに競艇選手はかっこいい人多いですよ!
HPの写真見るとみんな顔が強張ってますけどww
そして皆散々インタビューされてるはずなのに慣れない感じが可愛い。
イケメンで稼いで背が小さいなんてなんて俺得な好条件。
A1級の選手と結婚したい…しかもA1級ともなれば一年の半年近く全国の競艇場にいるから家にいないんだぜ?!
あーもーだれか競艇選手紹介してください。

誰が優出したかによっては優勝戦見に行きたい。
濱野谷選手もいるみたいだから彼が残ってたら行こうかなー。
あと平野選手もいたなー。頑張って欲しい。
濱野谷はでも私が見てる限り何故か1号艇とか2号艇なのに連に絡まないことが多くて「私、見ちゃいけないの?」みたいなね(笑)


そう、律は競艇が大好きです。
行ってもお金は好きな選手が出てるレースで一口ずつしか賭けないので一日いても負けたところで1000円くらいなんですけどねww
しかし愛知県は常滑、蒲郡と二つも競艇場があるけど遠いにもほどがある。
ほぼ県内横断だからなorz


テレビの前で欝も吹き飛ぶような歓声を上げていた自分自重。




ランキング参加中。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害


posted by 氷迫 律 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

死亡フラグ

だからワインとビールと梅酒をちゃんぽんしちゃいけないってあれほど!!
誰か止めてよ…orz

なんか土日ほぼ眠って過ごしていたらさすがに中途覚醒した。
しかも中途覚醒する前に見ていた夢が、yahooを擬人化すると少年か少女かみたいなのだった。
何この残念クオリティな脳みそ…。
あ、ちなみにyahooは少年がいいですただしショタは不可だ。
Googleは知的めがねスーツの青年でいいんじゃないかな(趣味丸出し)。
いやそれ以前になんで擬人化とか…本当に残念すぎる。

ラキドクドラマCDはご馳走様でした。
語り始めるとうるさいので今日は自重。


それにしても、朝目がさめて最初に見たメールが闇末に関する萌え語り長文とかなにそれ…。
眠れなかった知り合いが眠れないハイテンションのまま送りつけてきたらしい。
そしてその後3時間べーこんれたすな話題について語り倒した件。
途中で親が帰ってこなかったら家電同士でかけてたんだけど電話代で怒られるところだった。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害


posted by 氷迫 律 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

ボジョレー飲んだよ。

カーブ・ド・ジュリエナス ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ 2009年

を飲みました。
毎年ボジョレーを買うと思う「渋い、のに浅い…orz」と言うのがなくて、甘みがあって美味しかったです。
普段は白が好きですが赤で正解だったのかな?

ジャスコで安く売っていて、哥哥に安いの美味しいよ、と言われていたんですが、つい買ってしまった…。

とはいえ律はかなり「酒であればなんでもいい」人なので(ポカリと鏡月を割って飲んでいたくらい)あまり旨い不味いに関しては素人なのですが。

でも、数年飲んだなかでは一番美味しかったかな。

なんというか知り合いに店を任せると「律は舌が肥えてるから!!」と言われますが、チェーンの居酒屋でも特に文句は言わないぞ?
私の場合「美味しいものを食べる」という決定事項がない限りあんまり食に興味はないというか。
むしろ最近は聴覚過敏で、食べ物の味よりも店の雰囲気(個室で静かであるほどいい)という感じです。
本当に食に関してはアンバランスですね。
そもそも食事と一緒にアルコールを摂取する家ではないので(父親がお酒を飲むとおかずをたべない→おかずを沢山作る母親ブチキレ→食事中にアルコール禁止)。
外食以外ではおつまみすら口にしませんからね…食べることがあるとすればおひたしとか白和えとか。

いろんな面に不自由が出ます。







posted by 氷迫 律 at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

頑張った!!

リワーク延長で週5通いきりました!!

誉めて!!

前回の復職時はリハビリ出勤(時間短縮して出勤すること。午前のみから徐々に延ばす)ですら倒れていた私が!

さすがに今朝は身体がだるくてだるくて、何度も気を失いそうになりながら(本当に意識なくなる)リワークへ。
集中力などあるはずもなく、ただひたすら読書。
昼食を取らず昼休憩の一時間を全て仮眠にあてても眠いしだるいし熱は上がってくるしで機嫌最悪。
それでも何か口にしなくては…とコンビニで食べ物を買って戻ってきたら普段冗談を言ってくる通所者の人に「太るぞ」と言われブチ切れ。
すっごく冷たい視線を向けて一言「禿げ上がれ」と言い捨て席へ。
本当はあらん限りの語彙で罵倒したかったのですけれどなんとか抑えた。
リワーク終盤でボーダーの本領発揮をしでかすところだった…(ちなみに今まで何回もやらかしそうになっているが寸前のところでアシスタントに助けられてる)。
ひたすらピリピリしながら不機嫌に本を読む私に周囲は「この子今日はは冗談も通じないくらい機嫌悪い」と悟ったらしく、遠巻きにされてました。

帰りの電車も「た、倒れる…」とおもいつつ乗り。

週5やっぱりきついです。
体力底上げ&かなり慎重なペース配分をしないと通えない。
復職の日取りがほぼ決まって、もう時間がないという不安と焦燥感の仲良く通った…。

あーでも、本当に通いきったー。
嬉しい!




ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害












posted by 氷迫 律 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

希望と絶望

復職に希望や期待を持って望むのは私は余り勧めない。
なぜなら企業にとって従業員は歯車でしかなく、また、人間関係も全て上手くいくとは限らないからだ。

もちろん精神疾患がある程度回復して「復職可」の診断書を貰っても、それは「配慮を求める十分な理由がある」ということであって「皆が私に配慮し、私の思うとおりになって当然」だと勘違いすると痛い目に遭う。

かといって絶望して仕事に行けばモチベーションはあがらないので難しいところだ。

「過去と他人は変えられない」とはよく言ったもので、過去(病気の原因など)をいくら振り返っても会社をうらんでも何もかわらないし、病気だからといって誰もが理解を示してくれるとは限らない。
うつという病気が広く知られるようになっても、正しい知識を持っている人は案外少ない。
そしてまだまだ「甘えだ」「怠けだ」「気合が足りない」などという愚かな考えをしたり顔で言う人間は多い。
そういう人間を変えるのは不可能だと考えたほうが理にかなっていると思う(そういう人間が大病を患えば認識を改めるかもしれないが)。


なので、「配慮を求める」ことは必要だけれども「全て叶う」とは望まないこと。
ひとまず会社に行くことができればOKなので、成果とか円滑な人間関係とか、健康な人でも難しいようなノルマを自分に課さないこと。
優しくしてもらったら「ありがとう」と言うこと。
辛かったら辛いということを言ってもいいこと(ただし理性を持って)、しかし伝えたからといって相手が特別なことをしてくれるかどうかは別問題だということ。
会社はあくまでも給与を得るための場所だと考え、大切な人(家族、恋人etc)や大切なこと(趣味etc)を失わないように心を砕くこと。

それくらいの考え方じゃないと「私はこんなに辛い思いをしたのにどうしてもっと大切にしてくれないの!!」と不満をためてそれがまたうつになるという悪循環になりかねないように思います。

会社には期待をかけない。
もし、何か期待以上のことがあれば「ラッキー」だと思って素直に受け止め謝意を伝える。

私も最近になって諦めがついたというか妥協するラインが見つかったのですけど、とにかく目に見えない障害や病気は他人に理解されにくい。
私は必至に分かって欲しいと訴えたけれど、無理です。
だから後はどれだけ自分のセーフティーネットを(自分で自分を守ることも含めて)広げられるかだと思うのです。

後は不幸自慢や病気自慢はうっとうしい。
それをしてどうする、という感じ。
こういう辛いことがあったんだけれど、今度はそうならないようにどうしたらいいと思う?
とかそういう建設的な話ならいいのですが、好きな人は好きなんですよね、不幸自慢。

私も大概悲劇のヒロイン気質だと思いますが、上には上がいた。
それをリワークに行っていたるところで耳にする(言う人は決まってるので最近は避けてる)ので「うっざ」って思ってリワーク内ではしていません。

復職は不安ですけれど、会社に関して言えば本当に「望みを持たない!」位の気持ちでいないと振り回されてしまう。





ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害



















posted by 氷迫 律 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。