2011年03月09日

時間の感覚

遅刻をしてはいけない、という強迫観念がある。

今でこそ人との待ち合わせに遅れることもあるが、昔は必ず5分前には待ち合わせ場所にいた。
待ち合わせに遅れる人間が今でも苦手だ。
ただ、gackt関係で仲が良くなった子の一部が恐ろしく時間にルーズで、それに対応しているうちに「ここまで時間に煩く行っても守らないやつもいるんだ」と諦めるようになった。
携帯を持つようになったのがルーズになっても許容できる要因だと思う。
私は高校を卒業してからしか携帯を持たなかったので、相手が何らかの原因で時間に遅れる状態でも連絡を取る術がなかった。
そして待ち合わせに5分でも遅れて来ようものなら、「事故にあったんじゃないか」とか「見捨てられるんじゃないか」とか不安が爆発して、パニック発作を起こすか不安が転じて怒りになって相手を責めるかだった。

一緒にいる人とはぐれるのは携帯を持った今でも異常に怖いので、私と買い物に行く女の子は「律と買い物に行く時は手を繋ぐものだ」と半ば諦めの境地で私の好きにさせてくれているらしい。
というか私は当たり前だと思っていたのだけど、以前手を繋いで名駅を買い物していたら向かいから来たカップルにガン見されて「?」と思っていたらその子に「手を繋いでるからでしょ」と指摘されてやっとそれが普通ではないらしいことに気づいた、と言う。
でもきっとこの癖は治らないだろうなと思う。

話を戻して遅刻のこと。
私は学生の頃から無遅刻だ。
早退と欠勤(欠席)は割りとするが遅刻だけはしたことがない。
遅刻するくらいなら休んだほうがマシ、と思っているせいだが。
親が遅刻に厳しかったこともあるとおもう。
私が午前休を取るようになったのは二度目の復職からで、たとえ半休と言うものが認められていても始業時間に会社にいない、というのは物凄くだめな気がしていた。
なので私はどんなに体調やメンタルが悪くても会社へ行き、あまりの状態の悪さに周囲から「何で来ちゃったの」と言われることが度々あった。
私の記憶の中で一番凄かったのは出社して30分しないうちに上司から退社命令がでたことだった。

何で今日こんなことを書いたかといえば、6:30にいつものように電話で起こしてもらってから7:00まで二度ねした挙句、朝ご飯を食べて化粧水などをつけてから自室に戻ってまた寝てしまったのだ。
起きたら7:58分だった(会社は8:25から)。
流石にびっくりした。
着替えは寝る前に用意しているのでそれを急いで着て、マスクで隠すことにして化粧も3分で仕上げた。
ここまでメイクに手抜きしたのも初めてだ。
それでも8:16にタイムカードを押したのだから我ながら良くやったと思う。
既に有給を使い切っているので、遅刻が強迫的に嫌な私は欠勤を選んでしまう。
一日欠勤が増えたところで私の査定はこれ以上下がりようがないのだが(復職後しばらくリハビリ出勤などをしていたので勤務時間が圧倒的に少なく、どうあがいても一番下のランクにしかならない)欠勤しないにこしたことはない。

2度目の休職をしたのも3月だった。
体力的にも精神的にも駄目になりやすいらしい。
去年の3月はよく持ちこたえたな、と考えてみたらリハビリ出勤で15時までしか勤務していなかった。
そりゃ持ちこたえるはずだ。
今月どうにか乗り切ろう。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害











posted by 氷迫 律 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189787375

この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。