2010年07月11日

途切れる

私は私に沢山の枷を嵌めている。
自分が敷いたレールを外れることはそれは死ぬということ。
それくらい、昔から沢山のもので自分を縛っていないと容易く私は死を夢見る。
夢見ているだけならまだしも、今は沢山の薬を持ち、静脈注射をすれば死ぬ方法も知っている。
そういうものから目をそらせるように。
日々生きていけるように。
私は自分を縛り、時にその鎖は他者へ伸びる。
私は自分に生きる価値を見出せないから、他者にすがる。
誰かが生きていていいと許してくれることが私の生きている意味になっている。
ustの配信もその一つだったのかもしれない。
楽しみにしてくれる人がいるかもしれない。
そういう人がいてくれたら、生きていられるかもしれない。
確かに来てもらえれば嬉しい。
でも、見知らぬ誰かにまで依存してはいけないのだと戒める自分の声も聴こえる。
そうやって見えない誰かや何かにまでしがみつかなければ危うくなるほど、今の私に生きている実感がない。
今、手首に数多ついている紅い傷。
退社命令が出るほどの体調の悪化。
拒食。
アルコール依存。
確実に私は自分で自分を壊している。

そして、それを止める気持ちがない。


日常を食い荒らして。
他の生き物を数多屠って成り立つこの命を消したくてしかたがない。

それでも、誰か私に生きろといってくれるんだろうか。
後ろを振り返れば死骸が山積みの道でも、歩き続けろというのだろうか。
それが優しいのか残酷なのかも図りかねている。


いっそ、私を殺してくれたらいいのに。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害







posted by 氷迫 律 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。