2010年05月10日

限界の目くらまし

土曜日はカウンセリングでした。
久々に先生にお逢いして、溢れてきたのは「普通」になれない自分が「普通」の人々に合わせる苦しさ。
明日生きているかも確証がないと思っている私と、定年あるいはもっと先まで生きることを前提に平気で話をする同僚達。
その時点でズレは激しく、私が私の思ったことを言えば周囲との摩擦を招くことは目に見えていて、私は曖昧に笑ってごまかす。
ただ日常を消費することへの不安。
虚無。
なにも成し遂げることがないのなら、私の命の意味は一体何なのか。
カウンセラーは私がかなり限界に近いラインで会社と自分を欺きながら過ごしている私を危ないと判断したのだろうか。

過去数回のODですっかり薬はきちんと次回のカウンセリングまでの日数までにあわせてしかもらえなかったのに、珍しく主治医が薬を一週間分余分にくれた。
「もし次のカウンセリングにこれなかったときのために」と。

生きているだけなんて、死んでいるのと同じ。
それなら、私の命を誰かに差し出せればいいのに。
この臓器も何もかも、与えたっていいのに。


誰も私を殺してくれないから。
私は何度も私が死ぬ夢を見る。
せめて夢だけでも安息が欲しくて。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害



posted by 氷迫 律 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。