2010年02月04日

ふと見失う

階段を降りる。
手には書類。
届ける先は分かっている。

なのにふとした瞬間、全てを見失ってしまう。

「どうして生きているの?」

書類をぶちまけて、屋上から飛び降りたい。
そんな衝動に駆られる。

私の「生」は自分にない。
他者から必要とされる私が私が生きる理由。

片翅が私にくれた約束。
それは履行されなくても構わない。
ただ、その言葉が私はずっと欲しかった。
でも、嘘でもその言葉を誰もくれなかった。
一瞬の衝動でもいい、あの子は私に約束をくれた。
それで十分。

いつか片翅は私を必要としなくなる。
大切な一番を見つける。

そのときはちゃんと手放すから。

それまでは、どうか、この命を捧げさせて。

もしも次に私が「一番」を選ぶことがあっても。
私はそれを誰にも告げない。
本人にも悟らせない。
そしてその一番は「男」ではありえない。
でも見合いをしろといえばするだろうし結婚しようといわれれば結婚するだろう。
そこに欠片の愛情がなくても。
「一番」さえいれば、書類上のあれこれなど瑣末なこと。

ただそれだけ。

ナラタージュの主人公も、こんな気持ちだったのだろうか。


傷ついている 
傷つけている
そのどちらも生きること
(初音ミク、モノクロアクトより抜粋)

それなら私は、「一番」を決めることで「一番」を傷つけているんだろう。
そして「一番」の些細なことに傷つくのだろう。


私の片翅、あなたは幸せ?
私と出会ってしまったことを、後悔している?
ごめんね、今は手放せないの。








ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害







posted by 氷迫 律 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。