2010年02月03日

力を抜く、と言うこと。

もしも人のHPゲージが見えたら、仕事でのペース配分はずっと楽になるんじゃないかと思う。

健常者が平均80の力で定時までいれると仮定すると、私の場合60しかないHPをなんとか15時までの勤務に振り分けていると言う感じ。
当然作業能率も落ちる。
ただ、決算だ予算策定だとバタつく中で私の仕事は細切れだ。
正直、私に引継ぎする時間が惜しい、みたいな。

今までは午前勤務だったから60をぶちこめた。
でも今は15時まで勤務。
うまくペース配分しなければもたない。


フツウのヒト、ができること。
それが精神に傷を負うとできなくなる。
うつは心の風邪じゃない。
風邪で死にたいなんて思う人間はいない。
うつは死に至る病。
死を願う病。

別に理解なんてしなくていい。

でも、貴方達の「ジョウシキ」を私に無理やり押し込めないで。



ああこの足に無数につけられた傷。
痛み、鈍い違和感。
王子に焦がれた海の姫のように。
社会と言う苦しみに焦がれ、血を流すことしか生きていることが分からない哀れな人間脳の戯言。

気づいて、ください。
血に染まった硝子の靴に、気づいて





ランキング、参加中。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害

























posted by 氷迫 律 at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰でもなる可能性があるっていう意味では
「心の風邪」っていう表現は理解しやすいけど、
全く何も知らない人がそれを鵜呑みにしてしまうと
「風邪なんて簡単に治るものじゃないかー」ってなっちゃいますよね( ´・ω・)
うつ病もうつ症状もかかる人によって原因が違うから治す方法も時間も違ってて
だから一言にこう!って他人に決め付けられるのって辛いです。
Posted by 六。 at 2010年02月04日 04:51
誰でもなる可能性があるというならガンだって脳卒中だってそうなのに「病の深刻さ」を伝える病気を比喩に使わなかったのやら。
甘えだ、弱さだ、自己管理がなってないからだって言いたい人間の理屈が透けて見えます。
決め付け、本当に辛いですよね。
Posted by 律 at 2010年02月04日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。