2010年01月06日

年末年始に読んだ本1

ちょこちょこツイッターやらアプリやらで感想書いたりしているのですが久々にブログでも紹介。

「WILL」本田孝好
「MOMENT」と繋がっている話。良心を早くになくした少女がそのまま親の家業である葬儀屋を継ぎ、死者にまつわる謎(というほど大げさではないが)を解くというもの。
主人公の使者や遺族に肩入れはし過ぎないんだけれど使者の眠りを妨げるようなことはきちんと世話をする、というスタンスが好き。ただしラストが陳腐すぎた。

「シアター!」有川浩
脚本家の弟が劇団の危機だと有能な営業の兄に金を無心し兄は条件付で応じる。しかし兄が貸した借金返済の条件は厳しいものだった。債権者として劇団の内情を知り改善する兄は金に厳しく、鉄血宰相とまで言われ…劇団や役者と言う特殊な世界を一般社会人の兄の目線から書いている話。
兄の司の鉄血宰相っぷりと面倒見のよさやつっこみが面白い。重くなりそうなテーマを明るく楽しめる内容で描いているのはさすが。
もう少し団員同士の機微や葛藤を書いてほしかったけれど、文庫ではこれが限界かな、とも思う。シリーズ化してほしい。

「摂氏零度の少女」新堂冬樹
高校生の主人公は幼い頃飼い犬を安楽死させられ、死こそが愛情で幸福である、といういびつな心を持っている。そんな彼女はある毒薬を入手し、密かに母親に与え始め、その経過をつぶさにBLOGに書き込むのだった。
歪な世界に住み、猟奇的な行為を繰り返す少女の心がリアルに描かれている。湊かなえの「告白」や「少女」に出てくる少年少女が厨二病すぎて痛々しいのと違い、緻密な描写と文章力で少女を描いている。
しかしオチが…急展開と言うかこれだけ頭の良い少女がどうして最後にこんなへまをやってしまっていきなり壊れるのか納得がいかなかった。




ランキング参加中


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
書評・レビュー







posted by 氷迫 律 at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。レビューをご投稿の上ご連絡いただけましたら、通常は審査を通過した方のみ申し込み可能な献本に、すぐご応募いただけるようにいたします。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
Posted by 本が好き!運営担当 at 2017年03月01日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。