2010年01月05日

怠惰

寝つきは悪いのに、一端眠り始めると昏々と眠るという繰り返し。
特に雪が降った31日、1日は酷く、ベッドから起き出すのがやっとだが僅かな水分だけ摂取してうとうとと又ベッドへ戻る始末。
すっかり生活リズムは狂い、矯正に乗り出したのはやっと雪の影響が消えた4日だった。

憂月ちゃんとカラオケがしたい!とかねてから私が言っていたのを瑠綺唖が叶えてくれたのだ。
早起きをして、化粧をして、服を選ぶ。
くらくらした。
また”当たり前のこと”ができなくなりかけていた。
怖かった。
ランチとカラオケは楽しかった。

5日の今日、いつも起きる6:30に起きられた。
安堵して、ゆっくり時間をかけて化粧をし、服を選ぶ。
あおやから電話があったので少し遊ぶ。
クリニックに出向き、カウンセリングを受ける。
声に覇気はなかったけれど、私はクリニックにきちんといけただけで満足だった。
「会社が配慮をしてくれる間はそれに甘えなさい。それは悪いことではないから」
以前だったら頭で理解した津守でも、午前勤務に引け目を感じてしまっていた。
でも今そんな感情はない。
それだけでも進歩なのだ。

血液検査の結果も問題なかった。
貧血も治っていた。
耳鳴りと眩暈が自律神経の問題だということが分かっただけでもよしとする。


体調やメンタル面をコントロールすることは難しい。
私は低気圧が来るだけで体調を崩し、雨や雪になれば憂鬱になる。
それでも私は生きているから。
生きているから。

心のどこかから声がする。
「死んでしまえば楽になるよ。この世界は生きるにはつらいことがおおすぎる」
否定はしない。
死にたいという気持ちを抱えながらそれでも生きる。
ゆらりふわり、生と死の狭間は曖昧だ。
生きることに未練はない。
それでもここに生きているなら。

何か、この命に意味がありますように。
誰かが私を必要としてくれたなら、それが私の生きる糧。



ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害






posted by 氷迫 律 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。