2009年12月10日

読書の日!

今日は父親も一緒と言う気まずいクリニックデーでした。
私が「これだけ復職が間近に迫っても部署が決定しないのは私を持て余してるんだと思う」とカウンセラーに言ったらドクター私にこう仰いました。
「人事の方は本当に少しでも氷迫さんが会社に行きやすい部署を探そうとしているように思いました。部署が未定なのは不安かもしれませんが、そのように思うと復職が上手くいかなくなってしまいます。実感はないとは言いますが、あなたは随分変わりました。それを真摯に会社の方が受け止めたからこそ最善を尽くそうとしてくれているのだと思ってください」

「過去と他人は変えられない」変えられるのは自分だけ…それはアサーションの基本的な考え方だ。それを元にすると、私が変わったことによって相手は自発的に私のために何かしようとしてくれていることになる。
前述の発言の通り私は相変わらず後ろ向きな考え方だし、勝手に自分で不安要素を作っている。
私は私が変わったとは余り思っていない。
でも周囲は変わった、回復したという。
この実感のなさは何なのだろうね。




ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害



posted by 氷迫 律 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。