2009年12月09日

復帰間近だよ?

復職まで10日を切ったのに復職する職場が決まらないとかお前…と会社に問い詰めたい律です、こんばんは。
結局律の持ってる能力を生かせる職場が基本的にない(私は文系のしかも国語に偏った能力しかない、理数系はてんで駄目)のはいいので職場にあわせて私が能力をつけていくんでしょうが。
誰なら私を上手く統率できるのか、で多分課長クラスが押し付け合いをしているんじゃないのかと(被害妄想かなあ)。
ボーダーラインと自己愛(最近これも持ってるんじゃないか疑惑…)の私は自己の認識が上手くいかないから他者に共鳴する率が高い。
思考や行動をトレースしてしまうというかどこまでが自分の考えでどこからが他者の考えなのかいまいちあいまいと言うか。
深い共鳴はますます自己と他者の境界を曖昧にし、私と言う輪郭を消していく。
そして陥る深い依存。
私を統率できるものは限られる。
私に私が納得できる理由をもって言動の制限を出来ること。
私を見捨てないこと。
私の共鳴に巻き込まれないこと。
私の揺れに動じないこと。
とにかく医師、カウンセラー、人事、上司皆で同じ指示を出す必要がある。
命令系統が別々のこといえば私の揺れはひどくなる。
そして会社と言ういろいろなものに揺れるところに、揺れるな、私の前で確固たる自我と指示を与え続けろというのは酷な話だ。
私がどこまで会社と正しい距離をとり続けられるかなのだろう。
会社はあくまで給料を得る場所である、と割り切るのは「そういう考え持つ」ことは容易いが実際会社に通いながら「自分と会社を切り離す」のは凄く大変だ。
会社から浮いた存在でいいなら出来るかもしれないが、会社の歯車である社員が会社の中で機能不全をおこしていては意味がないだろう。
浮かないことと馴染むことはまったく別だが、私は同調していくか全て拒絶するかの二者択一しかない。
面倒だ。

私は私が厄介で。
私は私が一番嫌いだ。
そして私は私を最も信頼していない。

そんな人間の扱いを精神科医以外でしろと会社の上司に求めるのは本当にかわいそうだと思う。
しかしできなければ同じことの繰り返し。
私は不安になる不調和を起こし勝手に壊れて逝く。

守られた世界で
大切な人たちしかいない場所で
ゆっくり呼吸が出来たらどれだけいいだろう

ああでも
きっと私は自分の中に不安が芽を出したら
もうその成長を止められないのだろう
誰もいなくなるまで
誰かを試し続ける
双方がボロボロになるのは分かっているのに

そんな生き方しかできないの?
こんな生き方ではこの脆弱な器は長く続かない。

それでも
それでも


受け入れて
認めて
愛して
最期の最期まで
嘘を突き通して
そうしたら信じるから
信じてみせるから







ランキング参加中


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害





posted by 氷迫 律 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。