2009年04月15日

読了本

080912_1352~01.jpg080912_1504~01.jpg080912_1735~01.jpg080914_1216~02.jpg080916_1510~01.jpg



「CHICAライフ」島本理生
初のエッセイ集。
恋愛小説家でありながら自信の恋愛は困難続きだったり、同居人がヲタだったり…と彼女の色んな面が垣間見えるエッセイ。
彼女の著作とのギャップが楽しいです。島本作品ファンなら楽しめると思います。

「熱血ポンちゃん膝栗毛」山田詠美
これもエッセイ。再読どころか何度目だろうこのエッセイシリーズ読むの…。
男の子や料理にうつつを抜かし、人生をビバ俺でやっている彼女のエッセイです。

「れんげ野原のまんなかで」森谷明子
司書の主人公に訪れる、図書館の小さな謎。それを司書のスタッフたちと解いていく、日常の謎解き連作短篇。
本に対する、しいては自身が司書である誇りをもっているスタッフたちの姿に、図書館をそっとのぞき見る楽しみを味わえます。

「虚夢」薬丸岳
子供を目の前で殺された元妻が、犯人が歩いていると元夫に電話をかけてきて…?
ネタバレになるのであまり内容には触れられませんが、精神鑑定や心神喪失と言う認定とはどういう矛盾や危険を孕むのかを書いた作品です。

「絲的メイソウ」絲山秋子
エッセイ集。
内容は既に覚えていませんが、少なくとも本業の小説よりエッセイの方がよほど面白いと思ったような…。
彼女の小説は「言われなくても分かってますが?」なことをうすっぺらに書いているので面白くないのです。




去年の秋ごろに読んでいるので内容があやふやですいません…。
「れんげ野原〜」は本好き、図書館好きさんにオススメです。


ランキング参加中!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
書評・レビュー




posted by 氷迫 律 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。