2010年12月28日

2010

2010年も残すところあと3日かと思うとぞっとする。二度目の復職して一年、何が出来るようになったかと問われても私は首をかしげることしか出来ない。
「普通」のレールから外れることを強迫的に恐れながらその実「普通」の感覚を私は持っていない部分が多々ある。
午前勤務から15時勤務へ、そしてフルタイムへ。
重要度の低い仕事から責任を負う仕事へ。
でもおそらくこれは「普通」で「当たり前」の流れだ。
どれだけそれについていくのに私がいっぱいいっぱいになっていたとしても、周囲...特に会社は認めはしない。
主治医に「人間辞めるくらいなら会社を辞めたほうがいいです、これ以上あなたに処方できる薬はありません」と言われた。不眠、苛立ち、何もかもが休職以前に近い状態だった。
唯一違うのは「約束」によって私が自分の自傷衝動を押さえつけていると言うこととくらいだ。だからひどいことを言われても、酷いことがあっても、わたしの手首に紅は咲かない。
悲しい顔をしてほしくなくて、私はカッターを遠ざける。
これで極度の貧血になっていたら、もう私の体はとうに駄目になっていただろう。

大きな変化は訪れた。
独りではなく二人に。
今まで自分が孤独だったとは言わないが、共依存相手やごく限られた仲の良い子達に守られ、「可哀想な自分」という殻の中にいた。
世界はどこか遠く、足元から崩れ去る記憶にも頓着しなかった。私を縛りの呪うのは、きっと「時効だよ」と言われてしまうような沢山の過去達だった。
壊れたレコードのようにつぎはぎの記憶を何度も何度も思い出し、そのたびに傷ついていた。
守られているのは、安らかなことだった。もちろん日常に嫌なことはあるが、本当に怖いことは何も起こらない。
常に最悪の事態しか考えない私にとって、未来というのは酷く不確定なものだった。
手をつないで見た世界は沢山のことがあった。他愛なく交わす言葉、沢山の小さな幸せ、傍らにいられる喜び、安心して眠れる場所。その代わり、言い争いもしたし傷つきもした。おそらく、お互いに。
自分の感情のちぐはぐさも否応無しに見ることになった。私は自分が相手に触れていいラインが分からない。なので相手にシンクロしすぎたり、相手の奥底に触れすぎたりして拒絶されることは一度や二度ではない。
なので相手と何をしてはいけないのかという取決めをした。取決めをしても地雷を踏まれて私が激怒することもある。今は少しずつ減ってきたが、些細なことでうつ状態になるのも珍しくはなかった。
そういうことを繰り返して、それでも会うことや側にいることが少しずつ日常に組み込まれていく。自分の時間を邪魔されるのが酷く嫌いな性質なのに、そういう部分の障壁が下がってきたり、変わったねとか明るくなったねと言われることが多くなった。

今年得た一番の宝物を大切に出来るように、来年を生きよう。
できれば、ずっとその先まで。



ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害

posted by 氷迫 律 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

これが全て

101218_1655~01.jpg





私に下されている診断は欝及びボーダーライン。

現在多重人格ではないけど私以外に同じ年と中学生の人格を持っている。

就職して一年ちょっとで鬱が悪化して休職し自宅療養。
10月に異動して復職するも3月過呼吸で倒れそのまま二度目の休職。
12月までリワークに通いつつ引き続き治療を受け、復職。
今月の17日に、復職して一年が経った。

まだ鬱が治っておらず闘病中と言うのが私と主治医のスタンス。
復職して一年も経ったんだから仕事に支障ないレベルで回復しているとみなしているのが会社。

この時点で完全に食い違っている。

私は障害者枠での採用ではないから、会社の要望に応えられないなら辞めて下さい、という状態。

部内は係長が私と同時期に異動してきた係長がたかがマニュアルの文言ひとつが気に入らないと怒鳴るようなのが日常。
何度課長や人事に職場の環境改善、係長の態度を注意するよう申し入れても何も変わらず。

さらには腫れ物に触るようにされているのが現状。

昔から私のブログを読んでいる人は、ことあるごとに私が死にたいと書いていたことはご存知だろう。

今は私と一緒に生きようと言ってくれる人が出来て、リスカも死にたいと言う回数も激減した。

少しずつ、良くなっている筈だった。
病に偏見なく支えてくれる人達がいる。

課長は病を理解しようという姿勢を崩さない人だった。

それでも私はフロアに居たくない時があって、屋上に続く階段でぼんやりしながらツイッターに吐き出してなんとかバランスを取っていた。

一昨日課長に私が階段にいることをチクった人間がいたらしく厳しく叱責された。
復職して一年も経つのに逃げる時間が必要なんて異常だと言われた。

不満があるなら言えと言われて同じ課の人とうまくいっていないと話たら、曲解された挙げ句甘えの一言で片づけられた。

もうどれだけ言葉を尽くしても伝わらない、理解する態度すら取って貰えないと判断して話を強制的に終わらせた。

ちょうど昼休憩になり、私は本館の屋上で必死に自傷衝動や自殺衝動を抑えなくてはならなかった。

疲れ果て、翌日出勤したら勧告の中では一番効力が弱いらしい「注意書」を突きつけられた。
理由は職場離脱。

私がフロアにいられない職場環境に何の手立ても打たなかった人間にそんなものを私に突きつける資格があるのだろうか。

しかも注意書は、何度も口頭注意したにも関わらず改まらない場合に出すのだと言う。
私の記憶では、前日の叱責以外に注意された記憶がなく、納得できるだけの説明を求めた。
私が納得出来るほどの論理性も正当性もなかった。

分かったことはただ一つ、会社が私を解雇したがっているということだけだった。


今日早退して主治医に注意書を見せこうなったあらましを伝えたら、今の私は私にできる全ての努力をしてこんな状態になっているから会社を辞めた方がいいと言われた。
もう薬でどうにかできるレベルを越えている、限界だ、と。


私が努力した一年はいったいなんだったのだろう。


じゃあそこまで私を疎むなら、私は会社に言いたい。

お金はいらないから元気だった私を返して下さい、と。

これが会社であり社会だ。

正論は疎まれ潰される。
これが、全て。

全てであることが酷く虚しい。
posted by 氷迫 律 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

言ノ葉

変わらないのだと、変われないのだと思ってきた。いつも死にたかったし、明日のことはどこか遠い、未知の世界の出来事のように思っていた。

手をとって、変わったことが本当はまだ怖い。
始まった瞬間に終焉へ向かうことを、私は何度も経験していたから。
どんなに大切でも、手放さないと誓っても、容易く縁は切れる。
楽しいほどに、自分の変化を周囲に指摘されるたびに、どこかで失う恐怖におびえている。

自分につけてきたたくさんの枷。
生き延びる為の、自分の存在意義としての片翅。
そして私に約束をくれたたった一人の。

それと真逆の道を、私に見せてくれた人。
諦めていたものを見つめてみると、あまりにたくさんのことに自分が目を瞑ってきたのだと思う。
そして後悔する。いつ死んでもいいからこそ、何でもやってみればよかったのにと、過去の自分を抱きしめたくなる。
一つ一つ、できることを増やす。
こわごわと手を伸ばして。

もちろん全てがいいことばかりではない。
激怒する時もあるし、寂しくなる時もある。
やつあたりする時もあるし、地雷を踏まれることもある。
これも生きている証拠だと思えるほど私は開き直れていないから、その度に胸が潰れるような思いを味わう。
だんだん人間らしくなっていくとは相手の言葉だが、以前高校に入学した時に父親に「やっと人間になったな」と言われていたく憤慨したのを思い出す。
それまで父親は私を人間ではなく「子供」という別カテゴリィの生き物だと思っていたらしい。
似ていないと思っていた人間同士に似た部分を見つけて、いつか憎んだ相手と適度な距離を保つことが出来る日が来るのだろうかと考えてみる。

何にせよそれはまだ遠いこと。

日々を重ねることが、今の私に出来ること。
手をつないで。
深く呼吸をして、きちんと前を見る。
出来ない日もあるけれど、出来る日が増えてきていると思っている。















ランキング参加中

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ
パーソナリティ障害
posted by 氷迫 律 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

スランプ

クリスマス、年賀状と迫るこの時期にスランプしてます・・・。

絵が描けないぃぃぃ(泣)
posted by 氷迫 律 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
年末年始に読んだ本1 by 本が好き!運営担当 (03/01)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。