2020年07月17日

このサイトにおける著作権について

別館やpixiv、web拍手も含む文章、詩、写真、素材の著作権は全てサイトマスター氷迫律のものです。
無断転載等一切の違法行為を禁止します。
マナーを良く知らずここを訪れている方は「ネチケット」「ネットマナー」等で検索をかけて勉強してからのご来訪をお願い致します。
例えば
blogのネチケット
を参照してください。
「初心者だから」「子供だから」「携帯から見てるから」は言い訳になりません。

重要なのでトップ記事になるようにしてあります。
通常の日記はこちらからどうぞ






写真・素材の利用規約
posted by 氷迫 律 at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

久々なので

久々ですね。
猫を飼い始めたのです。
あれよあれよと言う間に、3匹です。
スコティの空音

20160114005532534.jpg 20160114005622925.jpg
里親さんから引き取った海斗

20160114005748155.jpg 20160114005801861.jpg
姫様気質のマンチカンりく

20160114005926264.jpg 20160114005956045.jpg

我が家の大事な家族です。
posted by 氷迫 律 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

水の生物

超のつく文系、基本的に引きこもっていたい系、律ですこんばんは。

先週からジムに通い始めた。
鬱で二度目の休職をして以来のジム通い。
異動先で「律ちゃんもやしっこ…」「え、律ちゃん腕ほっそ!このもやしっぷりは重い製品持てないでしょ…」ともやしもやし連呼されたのが堪えた訳でもなく、単に製品を運んだりする現場系管理部門所属となったため体力付けないとこの夏を乗り切れない、と思っただけだ。
最寄駅から5分も歩けばちょうどジム。
しかも私の好きなプールがある。
本当は市営のプールの方が安上がりなのだろうけど、家から近くないと絶対に長続きしないと思ってジムを決めた。
何もプールだけではなく、マシンもエアロビなどの講座もあるのだが、私は基本的にマシンのようにやってもやっても景色の変わらないものが苦手なのでプールにしか通っていない。
大体1日おきに週3回。
1時間くらい泳いでいる。
水の冷たさ、抵抗、何よりもずっと水の中にはいられないのがいい。
生きている以上水の中から顔を出さなくてはいけない。
深く潜っていれば苦しくなる。
どうしようもなく生きていることを実感するので水泳が好きなのだ。
過去母親に浴槽に沈められた記憶は今でも持っているのだけれど、私は雨は嫌いでも水は好きだ。
何も考えずに済む、音すらない水の世界。
0.1を切る裸眼でも対して不都合はなく、私は泳ぐ。

体力作りが目的なので、義務感もなく。行きたい時にふらりと。

魚になれなくても小さな箱に充たされた水の中で、泳いでいる。
posted by 氷迫 律 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

怒涛の転換

必要ないといわれることは思ったよりも堪える事だ。
たとえそれが必要されたいと思っていた場所でなくても。
会社という場所についてはいい加減諦めがついているとはいえ、不愉快なものは不愉快だ。
本音と建前を使い分けるのが社会人のマナーだというのならば、もう少し言いようがあったのではないかと思うものの、面倒くさくて仕方がない。戦力になりたいと、役に立ちたいと努力していたのだけれど、あっさりと切り捨てられるものだ。
本当に、面倒くさい。

同僚のように意に添わない異動が嫌で泣き喚いてトイレに篭城するのも、無断欠勤するのも馬鹿らしいと思っているので、また一から人間関係を構築かぁと暗澹たる気持ちにはなるものの、辞めようとは思わない。

まあ、元から辞めるくらいなら死ぬという極端な強迫観念の持ち主ではあるが、それ以前に異動を命じた者の言い方があまりに気に食わなかったので、辞めて会社を喜ばせるのも癪に触る。

あと三日でどう私の仕事の引継ぎをするんでしょうねとどこか他人事のように思いながら、パチパチと引継ぎ用のマニュアルを作成している次第である。

ストレス解消もかねてさっさとプールに通いたいなあと、現実逃避のように考えている。

欝から復職して、まさか異動になるとはね。と先週行ったばかりのクリニックにまた週末行くのかとげんなりしている。


ストレス解消に、図書館へ行ってきた。
小さな図書館だったが、市内の図書館所蔵の本なら、最寄りの図書館を受け取りの指定すればどこの本でも取り寄せられるらしい。
とても便利だな、と思う。
取りあえず島本理生の「七緒のために」と火村シリーズと革命シリーズの最終巻を借りてきた。
憂さ晴らしは読書でするに限る。
posted by 氷迫 律 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

素直に聞く勇気

仕事仕事でイライラと荒んでいる私。
何よりも苛立つのは仕事よりも人間関係なんだけどね。

社会人の方でこのブログをご覧の方、今毎日どんなふうに過ごしていますか?
朝だるくて起きられない。
・会社に行こうと準備すると気持ち悪くなったり腹痛がする
・自分のしていることに実感が持てない(離人症)。
・ふとした時に「死んだ方が楽なんじゃないか」と思ってしまう。

上記のような症状が出ている方は、心からの悲鳴というかSOSである可能性があります。

こんな心理テストを試してみるとより心の疲労度が分かります。
ちまみにこういうのは直感で選びます。
迷わない。

うつ病自己診断テスト

心理テスト
↑はうつだけではなく様々な心理テストがあります。

心理テストの結果がすべてだと言いませんが、もしうつ病の可能性があるという結果になった方は、まずは心療内科や自治体の「こころの相談室」のようなカウンセリングしてくれる機関に相談してみることをおすすめします。また、1年以上勤務しているのであれば休職して傷病手当をもらいながら療養する手段もあるということを心に留めておいてください。。
ちなみに私はうつのけっかが上記の心理テストででました。

うつなど精神的な病気でも、休職中は傷病手当を受け取ることができます。
傷病手当を受け取る3つの条件は以下の通りです。
(1)病気やケガの療養のため、労務に服することができず、医師の証明があるとき
(2)会社を休んだ日が連続して3日間あること(4日目以降が給付の対象)
(3)休業して賃金が出ないとき

傷病手当金について…メンタル不調は受給できる?など、傷病手当を受け取る方法はいろいろなサイトにありますので一度検討してみてはいかがでしょうか。

休職し、傷病手当を受け取っている間にお勧めしたいのは「リワーク」です。「リワーク ○○市」など住んでいる近くを検索条件に入れてみるときっといろいろ出てくると思います。

私が通っていたのは「独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構」でした。
主治医、会社、本人の合意の元通うと言うものです。
最初はパソコンのタイピングや読書、書き取りなど簡単なものから始まりますし、週に1度から徐々に回数を増やすので負荷が少なくて済むというのがメリットだと思います。
通っている人たちとトランプなどのゲームをする時間もありますよ。

4月から職場や環境が変わるのを前に、今自分がどんな状況なのか、見つめなおしてみるのもいいかなと思ったのでした。


posted by 氷迫 律 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

誕生月でした

最近ツイッタで満足しているのでブログの更新をしていない…。
そしたら広告が出てしまったので書くことにしましたw
徒然な感じに。

何歳になったかは伏せますが13日は誕生日でした!
私にしては珍しく積極的に遊んだ月だったような…。
結城さんは27日に誕生日なのでイベント月なのです。

美容液貰ったり化粧水貰ったり誕生日っていいね!

結城さんにはエゴプラプレゼントしたのですっごく今懐かしい香りがしていますw
(Gacktがエゴプラつけているので私の周囲のDearsはエゴプラつけてる子が多かった)

私はジルの香水が多いです。

後唐突に3つ空けて2つ塞がってしまったピアスの2つ目を開けなおしました。
なんで高校生の時にあけたホールが今更塞がるんだよ…と思いましたが塞がったものは仕方ないですね。
ピアス沢山持ってるのでやっぱ二つは欲しいです。

高校の同級生がやっと結婚式をしたのですがなぜか招待されていってきました。
女同士の仲良し判定は本当に意味不明です。
私の認識で仲が良いわけではなかった。
高校の時に出会って仲が良いと言える人など片手で足りるレベルだと思っているので謎。
まぁ女同士は同じグループにいてこいつだけよばないと厄介とかあるのでそれでかもしれませんが。
とはいえ花嫁の幸せな感じは見てて微笑ましいものだったので良しとするか。
それにしても高校の時から結婚すると思われていた子が婚約破棄したりパラサイトシングルする気満々だった私があっさり結婚したり人生ってわからないものですね。
5月、9月、11月と挙式ラッシュです。

幼馴染2人と女子会ならぬ嫁会やってきました。
私が去年の7月、今年の5月にヤオ、8月にノアが結婚。
まさかの私が最速。
ヤオの結婚式アルバムを二人で作ったのでそれを渡すのと私の誕生日とノアの結婚祝いを兼ねていたのです。
楽しかったですよー。
荒れていた時を知っている幼馴染は気が楽でいいです。

大学の同級生とも遊びました。
荒れていた時を(ry
そしてここでも唯一の既婚者私。
解せぬ。

聖杯戦争展も行きました。
開場時間に行ったら一時間半並んだよ!
ありえねー。
基本的に人混みがだめなのですが頑張ってきました。
BSK陣営好きなのですが主役ではまったくないので、大人しくセイバーメインで見てきゃっきゃしてました。
等身大のフィギュアって初めてです。

とりあえずこんなところかな?

では、いつか結婚式関連のダイジェストでもお送りしたいですね!!!






posted by 氷迫 律 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

アップダウンダウンダウン

結婚式関係はもうすぐ入籍一年になるし飽きたので適当に今度箇条書きダイジェスト版を書きたいです(願望)

イライラがずーっと続いて精神的にも上下がかなり激しいのが現状。
減薬して一か月っていうのがあるのか、ストレスで最近ネイルも派手になりがち。
週一で変えてる。

駅ですっころんで階段を何段か滑り落ち、足を引きずりながら歩いてるんだけれど、それにとどまらずうまく集中力が働かなくてあちこちであざを作っている。
しかも台風や気温の上下の激しさなど悪条件が重なって結構な鬱状態になっている。

私の職場は男性(上長)2名、私含む女性3名で構成されている。
で、私以外の女性AとBとしよう。
その二人は仲がいい。
Aは産休中もマメに部内にメールをしたり顔を出したりしていた(私は会社には非常連絡網と同期以外アドレスを教えていないので来ないが)。
で、AとBと仲の良い男性社員とでよくご飯に行くらしい。
AもBも既婚者だろ…?と突っ込みたいけど我慢して「ああまたご飯ね」くらいに最初は思っていた。
でも、私は耳がいい。
ご飯の相談を仕事中、ひそひそと、しかもちらちら私に聞こえないように注意しているかのようにしゃべる。
勿論聞こえている。
仕事中に雑談を一切するなとは言わないし雑談くらいなら私もする(苦手だけど)。
でも、私に聞かれたくないならメールでいいだろ?
なんなの、その「私たち仲いいけどアンタは仲間にいれてあげないよ」オーラ。
お前らは女子高生か。
女のそういう陰湿なのは小学生のころからずーっと見てきたけど、なぜいい年をした社会人がそれをやる?!
私が嫌いなら、私が定時で退社した後存分に悪口を言えばいいし、食事の場所でも何でも話せばいい。

しかも最近それが私事にとどまらず、私が席を外していない時(業務上特定の時間は特定の場所にいなくてはならない)上長からの連絡とか部署内で決まったこととかの連絡が私に回ってこないことがちょくちょくあるようになった。
「え、知らなかったの?言ってなかったっけごめーん」
というのが、しかも計算ずくで男性社員のいない時にされる。
これを訴えたところで鬱で二度も休職している上に仕事でうわべを取り繕う能力がかなり低い私では勝ち目がない。

しかもこの二人、上長曰く悪意はないらしいが口が悪い。
面倒なことや大変なことを改善して作業効率挙げようねっていうのがいわゆる改善活動なのだが、うちの部署はそれをやっている。
私が改善で決定したことの担当者になってやっていて、相談にいったらAに「律さん本当に面倒くさがりだね。私は別に面倒なんて思わないけど」と言われた。ワードで表作ると見栄え整えたり行挿入するのが大変だからエクセルのフォーマットに変更しろと言ったのはAにもかかわらず。
見栄えのためセルの結合もしてあったのを見たBが「むしろワードよりやっかいになってるんじゃない?」と言われさすがにマジギレしそうになった。
「意見出しの時ときエクセル推してたのお二人でしたよね?さすがに言い方ってものがありませんか?」と言ったら上長が気づいて「決めつけるのはよくないから、時間もあるしいろいろ案を出してやればいいよ」と仲裁に入る。
仲裁なかったら、怪我してるのそっちの気でAのキャビネットへこむレベルで蹴るところだった。
このデフォルト口が悪い、というのにもずっとイライラしていた。

そしてイライラがピークの時に思わず家でヒスに近い愚痴を言ったら旦那様は「そんなに辛いなら会社辞めればいいんだよ」とか「休出したり終電で帰ってる俺だってストレスたまってる」というようなことをのたまうのでキレた。
誰が正論なんて欲しいものか。
旦那様の仕事が大変なことだって理解してるし、ご飯好物出すようにしたりして少しでもストレスが和らぎますようにって思って私だって気を遣ってきた。
なのに疲れてるのに俺ばっかり私に気を遣ってるとしか私には聞こえない物言いだったので。
大ゲンカになった。

女の愚痴に対して必要なのは正論でも俺語りでもなく「共感」だ。
「辛いね、本当によく頑張ってると思うよ。無理しちゃだめだよ」とでも言っておけばたいていのことは済む。
どうしても共感できないなら、「大変だね。そっとしとくからね」ぐらいでおさめておいてほしい。

世の中で女性とうまくやっていくコツは共感に限る。

男性と同じだけの仕事量をしていなくても、女は女というだけで面倒事に巻き込まれたりしてストレスがたまる。
それを理解して欲しい。







posted by 氷迫 律 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

日々を重ねる

結婚が決まってから、私はずっと全力疾走状態だった。
そしてこれから私が書くことはあくまでも私の主観だということを最初に書いておく。


結城さんと一緒に生きていくためには、私はあまりに治した方がいい歪な部分が沢山あった。
しかしそれは私の人生の中でつくられたものなので、完全に治すのはあまりに大変だった。

結納や引っ越しや入籍、挙式や二次会の準備など山積みのやらなければならないことと平行して、私はどうやってこれから生きていくのかをずっと考えてきた。

どうして私が結婚式の記事を一端中断してこんなことを書いているか。
それは、結婚後も私は何度か酷い欝状態になったり、相手に酷いことを言ったのに自分は覚えていないことがあったからだ。
このままでは私は私が覚えていない間に取り返しのつかない何かをしてしまうのではないかと怖くなった。

一度頭を整理したかった。
元々このブログは私が生きていた事実を残すために、どんな欝な内容でも書いてきた。
捌け口が他になかった。
世界はごく一部を除けば敵であり恐怖の対象でしかなかった。

だから、幸せな記事よりも、生きていくために私が思ったことが書きたい。
私は今幸せだ。
でも、生きることは柔らかくあたたかい、居心地のいい夢の中ではない。
当然現実には、苦しいことがたくさんあるのだ。
苦しいことをかんがみても幸せだといえるようになった。
そこにたどりつくのに、私はここまでの時間を費やした。


私は実家暮らししかしたことのない地元育ちの一人娘で、まず家事の加減が分からなかったし、ほどほどに手抜きをしても許されるということがわからなかった。
結城さんは散らかっていることは苦手なようだったが、私は埃などが我慢ならなかった。
逆に私は片付けることに興味があまりないので、そういうアンバランスさは今もって何も変わっていない。
私は物を使いやすいよう手に取りやすい位置にごちゃごちゃ置きたがる。
結婚当初、私は帰宅すると机や棚を拭き、クイックルワイパーでフローリングを全室掃除し、テレビを見ながら洗濯物を畳み、台所であれこれ作り置きできるものを作ったりしていた。
今よりもずっと要領が悪かったので時間があっという間に過ぎていったが、何をどれだけやっても、ちゃんと家のことをできていると自分で思えなかった。
帰宅すれば部屋に引きこもりネット化読書をしていた独身時代とあまりにもかけ離れた生活サイクルだったのだから、自分をもっと褒めてもよかったのだろう。
それでも私は完璧に家事をこなせていない、もっと頑張らなくては、と思ってしまう。
結城さんは何も料理ができない頃を知っているので凄くほめてくれた。
ちょっとした料理でもおいしいと言ってくれたし、アイロンがけをすればありがとうと言ってくれた。
なぜ自分で自分を認められないのか、結婚した最初はよくわからなかった。


私が少なくとも自分の分担となっている家事を完璧にこなさなければならない、という強迫観念の裏には、2つの理由があると今では自分を分析している。
一つは私がボーダーライン(境界例パーソナリティ障害)であること。
ボーダーラインの特徴の一つには白黒思考(零百思考)がある。例えばテストで、「100点でなければ0点も95点も同じで無意味」というような極端な考え方をすることだ。
家事においても、完璧でなければ家事をしていないのと同じ、というような考えを私はついしてしまう。
さして心身ともに丈夫でないのに家事を完璧にやるなど無理だ。人が生活している以上部屋は汚れるし、実家時代料理をあまり作っていない私が、正社員として定時まで働いた後に、凝った料理を作って食べさせてあげることは難しい。

もう一つは、ボーダーラインや欝であることへの引け目だ。
見捨てられ不安や白黒思考、自傷や不安を紛らわせる為にお酒を飲んで鬱が酷くなるなど、私と結婚するというのは恐らくとても忍耐が必要なことだ。
知り合った時点で私が精神疾患持ちであることを結城さんは知っているし、私の主治医とも会っている。それでも私は、「私のような面倒くさい人間じゃなくて、もっといい人がいるだろうに」と思われたくなくて、必死になっていた(実際に結城さんやその周囲がそう思うかどうかではなく、私の中にそういう考えがべったり張り付いているというのが問題だった)。
恐らく、私は誰よりも自分自身に、「私と結婚していい面だって沢山ある。私の精神疾患をかんがみても、幸せな生活を送れている」と信じさせたいのではないかと思っている。

私に完璧であることを、結城さんは一度も私に強いたことはない。
ただ私が私に自信が持てず、おびえている。
そしてせめて家事くらい完璧に出来なくては、という強迫観念と常に戦っている。
出来ない部分を探しては自分を責め、ストレスを溜め、積もり積もって「ちゃんとできない!こんな風じゃ意味がない!」という状態になってしまう。
そしてそのイライラを結城さんに対して強い口調でちょっとしたことを責めたり、皮肉っぽいような返事しか出来なくなってしまうことも度々だ。
結城さんがだって仕事で疲れていればいつも私をなだめる側に離れないのは当然で、いらだった返事が返ってくると今度は「見捨てられるんじゃないか」と極度の不安に襲われて欝やパニックになる。
こんな風になるなら、完璧な家事を求めることに何の意味もなくなってしまう。
それが分かっているのにコントロールができない自分が無意味なものに思えて、バランスを崩してしまうという悪循環を生んでしまうのだ。

私は今、仕事をしながら家事をすることの力加減を日々手探りで探している。
思いついたらしておくことをtodoとしてメモに取ることで、以前よりは「ねばならない」という感情に振り回されて他がおろそかになるという状態は以前よりもましになったと思う。
しかし私のこの強迫観念を治すのは、時間がかかるだろうと思っている。
自分ではなかなか感情の上下のコントロールが出来ないし、何か別のことに意識を逸らすというのも得意ではないからだ。
特効薬もないし、結城さんと相談したり、私の性格をよくわかっている人たちにフォローや助言をお願いしながら、私にとっても、結城さんにとっても過ごしやすい生活を探していければと思っている。


日々を重ねることは、難しい。
生きたいと思って生きる人生は重く、とてもつらい。
きっと一人では私は無理だった。
私と一緒に生きてくれる人がいて本当に良かった。

だから二人でそう思って生きていけるように、幸せなことも、つらいことも、重ねて歩いていく。



















posted by 氷迫 律 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

グアムで挙式〜挙式当日A〜

いい加減に結婚式以外のことも書きたいけど自業自得の律です、こんばんは。


挙式当日そのAはビーチ撮影
リゾート挙式なら絶対にやっておきたいビーチ撮影です。
オプション取られるけど是非やるべし!!

これはお願いする会社にもよるかもしれませんが、私はビーチ撮影のヘアスタイルと挙式中のヘアスタイルをチェンジして、アテンドで美容師さんが挙式後の撮影が終わるまでついてくれるというオプションも付けました。
私は衣装を変えないのでビーチではブーケとお揃いの薔薇をあしらったヘアスタイル、挙式中はティアラをつけたオーソドックスなスタイルに。
なんで美容師さんのアテンドを付けたかって言うとグアムは暑いから化生が崩れたら嫌で
後、挙式後にチャペルの中での写真なので挙式中うっかり泣くとメイク落ちるなーと思ったのです。
まぁ、たいていのことはオプションなので挙式を考えている方は覚悟しておいた方がいいですw

ウェディングドレスで車に乗るのは一苦労…。頭をぶつけてヘアスタイルが崩れないようにとか裾を引きずって転ばないようにとか…ドレス重いしね。
ビーチ近くの道に車を停めてもらって撮影ポイントに行くまでも、アテンドのお姉さんが裾持ってくれないと歩けませんwwwww

そして素晴らしく晴れているビーチ

碧い海青い空!

そして…日差しが超まぶしい!!!!
目があけてられないレベルですwww

kyosiki.jpg

*クリックで大きくなります。

お姫様抱っこしてもらったり、私一人の撮影中、結城さんが地元のサーファーから「綺麗な花嫁さんだね!君はラッキーだ!」みたいなことを話しかけられたりしつつ、楽しいビーチ撮影は終了しました。

他にもいろいろupしたい写真はありますが顔が写っているので割愛。


で、次はとうとうチャペルで挙式編!(どんだけ引っ張るんだよ)













posted by 氷迫 律 at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

グアムで挙式〜挙式当日〜

とうとう2012年になってしまった…。

\(^∀\)その話は(/∀^)/置いといて

挙式当日のお話だよ!
既に忘れかけてる

挙式は12:00〜

でも、花嫁の朝は早い!!

起こされたの5:30(でも起きたの6:00くらい…結城さんは既にシャワー浴びてました)

窓を開けると…
(´・ω・`)
実は、グアムは11月雨季なのです。
日本の梅雨と違ってずっと降ってることはないのですが、一日に何度か30分くらい雨が降って日が照って…てのがあります。
分かっていたとはいえ、朝起きて雨はテンション下がります…。
私晴女なのに!
父親が超雨男なので「連れてこなきゃよかった(この旅行二度目)」

でも暫くしたら雨が止んだ!
しかも虹が出た!

IMG_0850.jpg

(写真はクリックで原寸になります)

やったー(ノ≧▽≦)ノ

ハイテンションで結城さん(旦那様・競馬好き)に報告すると

ビーチは稍重か…

*稍重とは…競馬において、競走を行うコースの状態を示す言葉の一つ。含水量によって良(りょう)、稍重(ややおも)、重(おも)、不良(ふりょう)に分かれる。

と言われました。

ビーチ撮影はレースじゃないよ?!

こんな会話をしつつ(どんな夫婦だよ…)8:30〜メイク開始!

とはいえ、私はメイクやらヘアセットやらありますが結城さん暇です。
あいぽんいじってましたが暇だからーとロビーへ行ってました。

美容師Mさんは日本人の方で、今日一日アテンド(写真撮影の時に髪の毛やメイクを直してくれる)でついてくれます!

ちなみにアールイズのサロンはシャエラトンホテル内にあります。
メイクルームにてまずコルセットをゆるくしめます。
急に締めると慣れてないので気持ち悪くなったりすることがあるからだそうです。
バスローブはおってヘアセット。
私は元々髪が短くて、結婚が決まってから伸ばしたんですが肩下数センチしかない。
でもやりたかった髪型があったのでウィッグ持っていきました。
ブライダルヘアの雑誌を持っていき、こんな感じにしてくださいとお願い。
(ちなみに、挙式関係の小物は全て手荷物で持っていきました。重かった!ロストバゲッジすることがあるからです)
そのウィッグがボリュームありすぎてw
セットするのが大変…。
さすがプロです、できました。
ブーケと合わせた生花(ピンクのバラ)を付けたらキャバ嬢みたい豪華でした。

WA006.jpg



挙式関係長いので次に続きます!(多分)






**ランキング参加中**

にほんブログ村















posted by 氷迫 律 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

グアムで挙式〜挙式前日〜

日記書かなさすぎてノリを忘れてきた律です、こんばんは。
というか引越し(結婚)を機にPCを変えた後によく使う顔文字を登録していなくて…別に機嫌が悪いわけじゃないんだけどな!

10/31はグアムに行った日。
結城さん(旦那さん)のご両親は福岡空港からの便なので現地合流。
私の両親は同じ便でした。

それにしても、渡航するその日に円介入してんじゃねえよ(# ゚Д゚)
いきなり1ドル78円になって何事かと思ったわ。

111031_1051~01.jpg

セントレアは初めてだった結城さん。
私は初めてではなかったのですが海外旅行は旅行慣れしている瑠綺唖と一緒だったのであれこれ自分が主導でやるのは実は初というwwww
心配性の私は荷造りも早くしたいしなんでもとにかく入れておきたいタイプ。
結城さんはヘタすると前日に準備をするようなのんびりタイプなので当然旅行前に揉めたw
忙しい中の荷造りなので私がテンパって結構大変でした(´-ω-`;)




コンチネンタルは接客態度はあんまり…。
CAが愛想ないですね。
通路を挟んだ向かいが1歳半の子供連れの夫婦だったのですが、子供用の食事を申し込んだとCAに言ったら「何歳ですか?1歳半?こちらでは2歳のお子様からしか食事はお出ししてないので旅行会社のミスですね」で終了。
そしてこのコンチネンタルに私たちは酷い目に遭わされるのだけれどそれは帰国の時に。


入国審査で親が必要な書類を記入見本だと勘違いして読みもせずに捨てたことが判明しグアム到着早々に喧嘩。
結城さんが止めてくれましたが「親なんて呼ばなければよかった(ノ`Д´)ノ キィィィ」って感じでした。


現地のJTBカウンターで貝殻を繋いだレイを首から下げてもらって、「結婚おめでとうございます」の言葉にこれから挙式なんだなあという実感が少しずつ湧いてきました。
ちなみに結城さんは「…俺の分は(ボソ」って言ってましたwwwwww

シェラトン到着!
スイート取ってたので日本人のコンシェルジェデスクへ案内される。
凄く楽ですよー。

そして部屋に入るとこんなかわいいお出迎えが。

111101_1437~02.jpg111101_1437~02.jpg

お花は挙式で使ったブーケなのですが、あざらしのぬいぐるみがキスしてるのです。
可愛い(ノ≧▽≦)ノ


そのあと私たちはロビーにあるアールイズのサロンへ。
ロストバゲッジするといけないので必ず手荷物で、と言われていたドレスシャツやティアラなどの挙式関係の小物も持っていきます。
最終試着や小物の確認をし、挙式の流れを書いた紙と挙式の様子をDVDで見ます。
日本人スタッフさんに「覚えられないので覚えなくていいですよ!」と言われました。
日本人スタッフ、現地スタッフ、日本人ヘアメイクなどアテンドがついていてくれるので挙式の内容を覚える必要はないそうです。
日本で挙式をする場合はどうなんだろう?
緊張してきた私…。
大体1時間くらいで最終打ち合わせが終了!

そこから私はアンサナ・スパへ。
グロウかピースか、コース名を失念しましたがボディポリッシュとマッサージのコースでした。
お店の中は落ち着いた雰囲気です。
ポリッシュにはライスが入ったものをチョイス。

111031_1858~01.jpg


111031_1857~02.jpg

テラピストさんはちょっと日本語がわかるくらいでした。
寒いか暑いかはマメに聞いてくれます。
「旅行で来たの?」という英語の質問に「挙式だよ!明日ここのチャペルで挙式なんだ!」とカタコトの英語で答えたところ、テラピストさんが「凄いわ、素敵ね!」とたいそう喜んでくださいまして。
でも、早口の英語で質問されても分からない…(;´・ω・)
私が答えられたのは日本の名古屋から来たこと、オフィスワーカーであること、4日まで滞在することくらいでした…。
私の英語力の低さが良くわかったらしいテラピストさんが、「Happy?」と最後に聞いたので「Sure!!」と元気いっぱい答えました。

ボディポリッシュでお肌つるつる、マッサージで凝りもほぐれた状態で、受付のお姉さんに「マダム、良い挙式を!」と見送ってもらって挙式前日は過ぎたのでした!





***質問受付中***

挙式のこと、ホテルのことなど私に答えられることなら答えるので、気になることがある人はコメントやツイッターにリプで質問をぜひぜひー!!!



***ランキング参加中***
クリックいただけると励みになります!

にほんブログ村 ランキング


次は挙式当日編!
お楽しみに!!





posted by 氷迫 律 at 00:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

グアムで挙式〜挙式は楽じゃない編〜

10/31〜11/4までグアムに行っておりました

今日は挙式に至るまでのちょっとした裏話?をば。

挙式と新婚旅行を兼ねてだったのですが、結構色々ありましたよー。
楽しいことばかりじゃないのが結婚式…。
もちろん、やってよかった!と終ったときは思いましたが、途中はもう嫌だ!と思ったことも。
親(両家の親しか同行していない)は挙式に参列する以外はフリープランだったのですが、こちらが新婚旅行だということの配慮がなくてオプションを決めろとうるさく言って来たり(結局自分の親のオプションを挙式5日前くらいに仕事後JTBに行って決めた)、言い出したらきりがないので割愛します。
書いてて楽しいことでもないですしね。

ちなみに私はJTBで申し込みをして、グアムのシェラトンにあるホワイトアロウチャペルに決めました。
アールイズという手配会社(といえばいいのか)を介して色々決めます。
JTBとアールイズが提携していて、挙式と旅行のセットプランを申込み、オプションはアールイズのサロンに出向いて決めます。
アールイズやホワイトアロウチャペルが気になるって方はこちらをどうぞ。

ドレスはアールイズがフォーシスというドレス屋さんと提携しているので、ドレスはフォーシスで決めます。
ドレス選びは大変ですよ!
2〜3着に絞るまでは仲の良い女の子と行くことをお勧めしますね!
フォーシスはアールイズと提携しているので、日本で決めたドレスと同じものを現地で用意してくれます。
その代り、うのちゃんデザインのドレスが着たい!とかそういうのはできないのですよね(´・ω・`)
なので私は一切ゼクシィを見ませんでした。
本当はアレが着たかったとかそういうことを言いたくなかったので。
グアムに同じものが用意できますよ、というものだと種類が少ないです。
瑠綺唖とトレーンの長いドレスが素敵だよねってことで選んだのはこれです。Leeというドレスです。

011_Lee.jpg

このドレスは瑠綺唖も大絶賛。
私もすごく気に入りました。
でも他も着てみてくださいというスタッフさんの気遣いで、プリンセスラインとかいろいろ着ましたよ(*´v`*)
10〜12着くらいかな?
楽しかったです(締め上げられるので苦しかったけどw)
最終的に3着まで絞って、Leeをいったん予約してドレス試着は終了。

後日結城さん(だんな様です)をつれてドレスショップに行くと、3着の差がわからないと言う結城さん( ´∀`)ゲラゲラ
直感でこれ!って決めていたLeeにして、旦那様のタキシード選び開始。
5着着せ替え人形させてもらって、私の趣味でタキシード決定!

ドレスを選ぶと、挙式一か月前に最終的にどんな小物(ティアラ)やヴェールをにするか決めに打ち合わせをしてドレスに関しては終了。

男性の方はまちがってもツイッタやりながらとか興味なさげな態度をとらないようにね!
大ゲンカも元になりますよwwwwww


私はティアラはネットで選びました。
結構かわいいのが安いんだー。
イヤリングとネックレスセットにしても1万5千くらいだったでしょうか。

a.jpg

ドレスは30万まで!とか決めておかないとドレスだけで凄くお金がかかります。
旅行会社あるいは代理店にはドレスは30万くらいの予定で見積もり組んでくださいって言っておいた方があとから「なんでこんなにお金かかるの!!!!」ってならなくていいと思います。


ちなみに挙式の時のネイルです。
直前にバタバタネイルサロンへ行ったのですがすごくかわいくできてお気に入りでした。

435903612.jpg

一つだけデザインを変えてもらって石を青にしてもらいました。
サムシングブルーです(つω`*)

435904476.jpg


こんな感じで挙式関係ネタ続きます!!





**ランキング参加中**

クリックいただけると励みになります!




posted by 氷迫 律 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

入籍の日の追記!

二人での追記です。

名駅でご飯食べる前に、旦那様と一緒にリワークへ顔出してきました。
半年通った場所で、それなりになじみのあった場所のはずですが、すごく遠い場所のように感じました。

リワークというのは主治医と会社同意のもと、復職を支援してくれるところのことです。お金はかかりません。
通うのが決定すると、担当カウンセラーのほかに担当アシスタントがついてくれます。

そのアシスタントMさんに会いたかったのです。
Mさんはすごく喜んでくれて、まるで自分の娘が嫁に行ったみたいな感じで、「本当に変わったね、落ち着いた。今すれ違ったらわからない」と言ってくれました。
本当にうれしかった。
結婚したら、一度挨拶に行こうと決めていたので、旦那様と二人でお世話になった人に会えて、嫌な顔一つせずついてきてくれただんな様にもすごく感謝しています。


努力すれば、一緒に歩んでくれる人がいれば、人はいかようにもよい方へ変われるのです。



posted by 氷迫 律 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

インタビューはじめました

[ザ・インタビューズ]
というのをはじめました。
質問者は匿名で気になる人に質問できます。
質問するにはユーザー登録が必要なようですが、閲覧はできます。
よろしければこちらものぞいてみてくださいね!
現在結婚関係の質問多めw


最近のネイル!

nail2.jpg

コーラルピンクのネイルに濃いめのピンクとシルバーラメでグラデ。
アクセントはお花のシールです。
これから秋になるのでベージュやゴールドのネイルもしたいです。



posted by 氷迫 律 at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

二人で

7/7に入籍しました。
ちょうど、今日で出会ってから一年たちました。

なんで結婚したのかとかそういうことは特に書くこともなく。
一緒にいたかったからです。

結婚するまでは引っ越し先だの挙式をどうするかだの親ともめたりもしましたが、家を出ると逆に親から「遊びにおいでよー」と電話やメールが来る始末。
親ってよくわからない(一人っ子同士の結婚です)

前回Y氏と書いたけど違和感がすごかったので結城さん、という呼び方に戻します。
(日記検索すれば遊んだこととか出てくるはず)

入籍した日のこと。
朝、役所へ。
おめでとうございます、と言ってもらって婚姻届を提出。
気恥ずかしかったです。
あと、もともと珍しい旧姓だったので、結城さんの姓に慣れない。
(未だに会社では気を付けてないと)

この人と一緒にいることにちゃんと理由ができたなぁという感じはしたかな。
震災の時、結城さんは静岡にいて帰れなくて、気が狂いそうな一晩を過ごした時に、「この人に身に何かあっても、私はそばにいる正当な理由がないんだ」と思って凄く凄く怖かったので。

そこから免許書き換えなど諸般の手続きを済ませ、お夕飯は高島屋51Fのセパージュへ。
二人して新婚であることよりも前の席にいたカップルがプロポーズしそうな雰囲気でwktkしてしまったりとかしましたがw
おいしいご飯とお酒で、楽しい時間を過ごしました。




…書くことがないな。
うん。

幸せです。

posted by 氷迫 律 at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

ご報告など

7/7に私、律は結婚しました。
このブログはずっと私が生きる為に、私が生きていたことを証明する為に書き続けてきました。
結婚関係の記事をもって、更新ペースが落ちるかもしれませんが、ブログを消すことはないので今後とも宜しくお願いします。

このブログの一番最初の頃(このブログに変える前もずっと書いていて、それは面倒くさい人間に絡まれてやめてしまったのですが)の記事の暗さを読むと、別人かと思うような変化で自分でも驚きます。
旦那様(Y氏)と出会って、何度も喧嘩して傷ついたり傷つけたりしながら、私は生き直しをしているのではないかと思っています。
本来成長過程で獲得するはずの、コミュニケーション能力や常識や社会のルールと呼ばれるものが、私の意識の中では穴だらけで、ずっと自分に抱えていた「違和感」を見つめなおしていくような感覚があります。
とはいえ、簡単に今まで身についてしまったものを変えるのは難しいのですが。
Y氏との日常はツイッターをご覧いただければ分かるかとw
案外ひっそりとY氏の迷言録ブログが出来てたりしてww(冗談ですが)

書く書くと言っていたので、佐賀めぐりツアーを抜粋(箇条書きですいません)
・Y氏実家でかい。
・お父さんとお母さんの二人で暮らしてるのにトイレが男女別ってことにびっくり。
・浴室広いよー、ちょっとした旅館の家族風呂みたいだよー。
・個人宅で大理石の浴槽って初体験だと思う。
・怒濤の親類めぐり。
・「婚約おめでとう」っていうプレートの付いたケーキ出してもらって泣きそうになった。
・歓迎してもらえて嬉しかった。
・愛知=名古屋の認識みたいだけど、私は名古屋市民じゃないです・・・(途中から説明放棄)
・Y氏方言になってる(普段は私に対して方言が凄いというくせに)
・晩御飯が佐賀牛のしゃぶしゃぶ。
・…食事がGW過ぎる。
・案の定寝坊した。
・起きたらご飯できてたよ!(冷や汗)
・二人でお墓参り行こうと思ってたらご両親も着いてきたよ!
・お昼ごはんが創作フレンチ・・・食事がGW過ぎ(ry
・ワイン見たいって言ったらソムリエさんが案内してくれた!(しかし二人とも無知)
・強行軍だったけど綺麗な橋に連れて行ってもらった!
・赤い橋に鯉幟が鮮やか!
・神社で引いたおみくじがY氏安定の大吉だよ!(やたら大吉を引くのですよこの人・・・)
・今度はゆっくり来てね、唐津とか○○とか○○とか(覚えきれてない)を見に行こうね!って感じでご両親に色々誘・ってもらえた(その分息子がないがしろにされてるとブツブツ言ってる人が)

緊張したし猫はげかけてたけどたのしかったです、行けてよかった。
posted by 氷迫 律 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

婚約 そのA

引越し前に書かなきゃ!ってことで結構はしょってかきます。


結納の後は食事会。
やっと笑顔らしきものが浮かぶようになる。
結納でおさえたお店はランチで3,500円くらいするので、当然食事は美味しい。
好物のあわびが出てきてわーい、と喜ぶ私。

佐賀のお母さんもうちの母もマシンガントーク系なのでよく喋ること喋ること…。
父は雑学の知識を駆使して、佐賀の歴史や名物なんかについて佐賀のお父さんとおしゃべりしている。

私はといえば、明日から1泊二日で佐賀のご実家訪問ツアーがあるのでどれだけ猫かぶれるかなぁと考えてみたり…。
この食事会の時点で猫はげかけてたので心配。

ダイエットの話題になったときのこと。婚約者殿はかねてから私に「エアロバイクを買って欲しい」と言っては却下されていた。
理由は簡単。どうせやるのは最初の頃だけで、絶対にすぐ置物になる、というもの。
これは遊ぶ女子全員に聞いても満場で否決されてきた。
今回は自分の親もいるし!と思ったのかエアロバイク買って欲しい!が始まった。
ところが、婚約者殿のご両親からあっさり却下されていたwwww
佐賀のお父さんいわく「物に頼ってる時点で駄目」。
うちの親も「ちゃんとやれるかどうか試すために、うちに置いてあるダイエット器具あげるからまずそれをやりなよwww」という有様。
私は当然却下な訳で。
婚 約 者 殿 孤 立 無 援 
そんなこんながありつつ、食事会終了。

別邸というか離れで結納と食事会をしたため、竹の生えた中庭が美しい。
うちの母がばしゃばしゃ撮っていたのだが、結構いい感じの写真が撮れたので何より。
お気に入りの一枚は待ち受けになってます。
後日佐賀のお母さんにも送付しました。



父方の祖母が婚約者殿に逢いたがっていたので、連れて行く。
祖母の母の生家が佐賀であったらしく、佐賀との縁が切れなくて良かった、と祖母。
ちなみに婚約者殿と、父方の祖父の名前は漢字は違うが読みが一緒。
父も父方の祖母も○○さん、と祖父を名前+さん呼びしているため婚約者殿をどう呼んだものか迷っている姿がおかしい。



私の家に一旦帰り、私は私服にお着替え。
婚約者殿も一緒に焼く肉を食べに行く。
しかし富山のユッケ食中毒事件の只中だったためせんまいやレバさし、牛さしなど生もの関係はすべてNGになっていた。
レバさし大好きな私はしょんぼり・・・。
婚約者殿に焼かせてないであんたが焼いてあげなさい!と両親に言われつつご飯食べました。
箱入りの本領発揮(というかやってくれるひとがいればやらないしやる人がいなければやる)


さて一泊二日の佐賀のご実家訪問ツアーはまた次回!

ていうか7/30から音信不通になると思うのでアデュー!





*ランキング参加中*



うつ病(鬱病)



タグ:恋愛
posted by 氷迫 律 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

婚約 その@

何を今更と言われそうですが婚約しました。
もうここまで来たら結婚しました報告でいいんじゃないかと思わないでもないんですが、ブログの更新してないので・・・。
このブログ婚約者殿も見てるんですが、あくまで以下の記述は私の主観による。

5/4 結納(事前に両家顔合わせ済み)
結納当日の緊張もさることながら、結納に至るまでのゴタゴタが疲れる。
なのでこれから結婚する人は当人同士+親とよくすり合わせをしておくことを強くおすすめする。
私は結婚が決まったときから顔合わせやらどういう結婚式にするのかどこに引っ越すのか仕事を続けるのかetcで親と衝突した。
説明したことを何度も聞かれたり、言ってることに整合が取れてなかったり、挙句忙しいというのに相手が私の実家から呼び出されたり・・・一言で言えば親の愛が重い

私の自宅は狭くてどう考えても結納をするスペースはないんだが、何故か私の自宅でという話になりかけたり、じゃあ店ならどこでやるんだということで店選び、結納返しするなら目録いるんだけどどうするのってこととか。

一番の違いは、愛知(私)と佐賀(相手)の結納に関する価値観の違い。

私の両親は略式にもほどがあるだろ、という父本人がお酒と結納金だけ持って母の実家に挨拶で終了していて、うちの両親も顔合わせの際に何度も「略式で」とお願いしていた。
つまり両家の食事会+結納金の受渡しがついたくらいのを想像してたらしい(私も)
ところが佐賀では「仲人立てない=略式」らしい。
そういうドタバタを経て迎えた当日だった。

妙に目がさえた状態でメイクをし、母の手持ちの着物を借りてを美容院へ送ってもらう。
事前に髪形の打合せをしていたので担当さんにさくっとまとめ髪にしてもらう。私の髪の長さ(肩にやっと届く程度)でどうなることやらと思っていたが担当さん@店長の神業でふんわりまとめ髪が完成。結納後で婚約者殿に「それ全部地毛なの?」と驚かれた。
着物はクリーム色でイチョウの織がされており、所々もみじの絞りと梅の刺繍という少し変わった柄。半襟はアンティークの着物屋さんで見つけた桃色のちりめんに蝶の刺繍がされたもの。帯は赤に金糸で扇の柄になっているもの。担当さんにも言われたんだけど、「結納って言うより若奥様」って感じにw
着付けの終わった私を迎えに来た父親パジャマwwww 店員さん達若干唖然wwww 車まで手を引いてもらい、美容院の店員さん全員が外でお見送りしてくれるというなんか祝い事らしいお見送りをされる。

せっかく着物なんだから写真撮ろう、ということになり母にデジカメの使い方を教えつつパシャパシャ。
・・・笑顔、ひきつってんなぁ・・・。
母親も父親も「スーツが良いのか礼服がいいのか」やら「このジャケットならこのブラウスかはたまたこっちの・・・」とか当日の朝に副をごちゃごちゃ言う始末。
私の着物姿を見てきる予定だった服よりもシックなほうがいいかと思ったらしい。
結納先は旧家を改装したフレンチ料理の店(店名は伏せる)。
結納の飾りつけは基本的に新郎側がするらしい(店でやってくれるところもあると思う)ので待ち時間店内で写真撮影。
・・・笑顔、ひきつってんなぁ・・・(二度目)。

店のスタッフに案内され結納の部屋へ。
・・・これが、略式?!
と飾られた結納品を見て驚いた。
誰だよ愛知は派手婚って言った奴、九州のほうが凄いよ!!
緊張のあまり引きつりながらも一応笑顔らしきものを浮かべて挨拶。
相手のお父様が式次第をおそらく一生懸命覚えてきたのであろう事を思わせる緊張した声で述べ…詰まりました。
緊張してるの私だけじゃないんだ…とちょっとなごむ。

結納って式次第にのっとって進むから、こちら側は「いく久しくお受けします」以外喋らない、筈、だったのだが。
結納が終わった食事会ででも喋ればいいものを、父親が「一つお願いが」とやりだして私は内心冷や汗。
普通の人のような面の皮をかぶっているが中身はかなり変わっている私の父親である。
何を言い出すんだよ!と隣にさえ座っていれば足を蹴っているところだった(間に母がいたので無理だったけど)
要するに、「嫁を貰ったと思うのではなく娘が出来たと思ってください」ということだった。
それ、母も言われてることなわけで・・・。
普通長女が生まれると雛人形は母方から送られる。しかし我が家は父方の祖母が「うちが娘としてもらった子が産んだから」と孫の私に7段飾りの雛人形を送っている。あの狭い家によく飾ったと思うのだが、近年出してすらいない(もって行けとうるさいがマンションのクローゼットに入るわけがないしまして飾るスペースがない、しかも二人揃って人形が怖い)。
・・・結婚できてよかったな私。しかしあれはしまい忘れると結婚が遅れるだかできないだかといわれているのであって最初っから出していない場合はどうなのだろう。
冷や汗はかいたけれども無事結納終了。
撮影大会開始w


お着物

������������
 on Twitpic


結納(一部)

���������
 on Twitpic



Aは・・・近々更新したい(希望)


**ランキング参加中**
クリックしていただけると励みになります



うつ病(鬱病)


posted by 氷迫 律 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

加工済み薔薇の素材5

重いです。
規約→こちら
を熟読の上御利用ください。

そのうちアイフィン用の壁紙見も作りたいです。

今回はイラストの背景向きに作りました。

IMG_0283.jpg


IMG_02832.jpg


back2.jpg


back3.jpg


pixivにもupしています。
posted by 氷迫 律 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

全然こっちにイラストupしてなかったらしい

pixivやってるよ!って人は評価してくださると大変励みになります
ボカロとかAPHとか最近はまどマギとか。

ってことで一気にup!
サイズ大きめにしました。



マイルとクルリ。DRRRのイラコン用のでした。



CLAMPのCLOVERパロ島国。



アリスなミクの線画です。
線画で力尽きました。
塗ってくれる方募集中!



Wリン。
ちょびっつ的なものを目指して線画で挫折。
塗って下さる方募集中。



死線の蒼・デッドブルーモードの玖渚。
ちょっと前までツイッタのアイコンでした。
割と気に入ってる。



ハマったおとめ妖怪ざくろの薄蛍コスなリンちゃん。
珍しく背景自力です。



メイキングがメイク講座になった。
どうしてこうなった。
モデルはマミさん。



これも線画。
マミさんをCLOVER風にしてみた。
塗ってくださる方募集中。

<

上の線画の塗ってみた詰め合わせ。
背景をいろいろいじっています。


こんな感じかな。
pixivユーザーさんは評価を是非お願いします!


+ランキング参加中+


うつ病(鬱病)







posted by 氷迫 律 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト/サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 律 (03/19)
このサイトにおける著作権について by 姶良 (11/22)
グアムで挙式〜挙式当日A〜 by めろん (09/04)
加工済み薔薇の素材3 by 名前のない名無し (07/28)
加工済み薔薇の素材1 by 遊希 (02/06)
グアムで挙式〜挙式前日〜 by テンカワ (11/27)
インタビューはじめました by テンカワ (09/13)
二人で by 律 (09/05)
二人で by テンカワ (09/05)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。